スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. ホームページにお客さんを集めるために知っておきたいコト : 第11回 あなたのオリジナルUSPを創り出そう1

エキスパートコラム

ホームページにお客さんを集めるために知っておきたいコト(全12回)

第11回:あなたのオリジナルUSPを創り出そう1

執筆:原 一宣。(株式会社Gazi工房)

2016年2月15日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数2,113views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

ホームページの目的や目標に向って運営するために、集客を行う。そもそも集客をするってどういうことなの?と思われる方に読んでいただきたい、初歩的な内容を解説しています。
今回は、USPを創り出す方法を見ていきましょう。

USP(Unique Selling Proposition/ユニーク・セリング・プロポジション)とは、「お客さまに選択される理由になる、具体的なメリットを明確に言葉に表すこと。」と前回のコラムで説明しました。
しっかりとUSPを持つということは、ホームページ以前にみなさんの事業やご商売をされるにあたって最も重要な項目でもあると言えます。

なぜUSPを創るのか

たくさんの商品やサービスがあふれかえる世の中で、オリジナリティがない、どこでも行っているようなサービス、どこにでもあるような商品では見向きもされません。このような状況では、商品やサービスで勝負するのではなく、最終的に価格競争に陥るのみで、体力が無い小規模な事業者は撤退を余儀なくされてしまいます。

だからこそ、「なぜその商品やサービスを提供するのか」、「お客さまにどのようなベネフィット(利益)を提供できるのか」を踏まえてUSPを作成し伝えることが重要になります。

USPを創り出す流れ

USPが重要だということはご理解いただけたと思います。では、USPを創り出すにはどのようにすれば良いでしょうか。USPを考えるために難しい方法はありません。以下の図のような流れでUSPを作成します。

USPを創り出す流れ

まず、最初のステップは「書き出す」ことです。以前のコラム「集客の目的を掘り下げよう」でも、ホームページの目的を明確にするために、書き出しを行いました。要領は同じです。

書き出す内容は自社、個人事業主の方であればご自身のことを過去から現在まで、好きなこと、得意なこと、商品やサービスの強み、今後のことなど思いつくままに、とにかくキーワードを書き出してみてください。単語やキャッチコピーや短文、フレーズでもかまいません。後に整理を行うので付せんや単語帳などに書き出すと便利でしょう。もちろんチームで行っても問題はありません。それぞれに思いつくままにキーワードを書き出していきます。

書き出しのポイント

思いつくままにキーワードを書き出していくことで、強みや特徴などを再確認することができます。しかし、強いメッセージ性を持つキーワードは簡単に見つかることはありません。慣れないとありきたりな言葉や、誰でもが思いつくようなキーワードの羅列になりがちです。ここで諦めてしまえば、どこにでもあるようなUSPとなり競争力を持つことは期待できません。

書き出しは1回の作業で終えるのではなく、1日数十分でも数単語でも結構です。得意分野や優位性を持つものをとにかく深く考え、数日から数週間費やして書き出してみることが良いでしょう。

何も思いつかない場合、競合他社のホームページや雑誌、書籍などを見てヒントを得ることも大切です。眠っていた深いところから出たキーワードは、大きな気づきとなりあなたの強みになることでしょう。気になったことは、すべて出しつくすことが最大のポイントです。

キーワードの分類

キーワードを書き出し、次に行うことは分類です。書き出したキーワードをデスクなどに広げて、似たような言葉、フレーズなどをまとめていきます。こうすることで、自社や商品、サービスなどの強みなど、多くの発見、再認識ができます。小さなまとまりをさらに大きな集合体でまとめていくと、真の得意分野が見えてくるでしょう。

分類のポイントは、マイナスイメージを持たずに淡々と分類することにあります。書き出したキーワードを使う、使わないの判断は後に行うので、この分類の段階では、とにかく似た要素をまとめていくことが大切です。

まとめ

今回はUSPを創り出すための流れと、最初の2つの作業段階について説明しました。

行う作業はとても単純です。しかし、簡単にUSPが創り出せるものでは無いことがお判りいただけたと思います。USPはお客さまへの明確に利益を約束するメッセージであるとともに、競合他社に対して、独自性を持って勝負するための宣言でもあります。そのため、パッと思いつきで作成されたUSPでは底が浅く、お客さまに選択される理由にはなりにくいものとなってしまいます。まずはじっくりとUSPの要素となるキーワードを書き出しましょう。

次回は「あなたのオリジナルUSPを創り出そう2」とし、今回のつづきを行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

原 一宣。(はら・かずのり)

原 一宣。(はら・かずのり)

株式会社Gazi工房 代表取締役/JimdoExpert
http://gazikobo.co.jp/

1974年、福島県福島市生まれ。東北福祉大学社会福祉学部社会福祉学科卒業。山形県川西町在住。食品加工会社、電子基板製造会社を経て、フリーランスでWeb制作活動を開始。
2007年に株式会社Gazi工房を設立。Webサイトの企画・設計、制作業務に従事。
イラストやキャラクターデザイン、地域づくりの企画・助言、パソコン教室なども行う。
元東北芸術工科大学 非常勤講師。クリエイティブユニット「gabs」メンバー。
CSS Nite in FUKUSHIMA実行委員。

著書『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、エムディエヌコーポレーション)、『ああしたい、こう変えたいが手にとるようにわかるCSS基礎』(同)。

ああしたい、こう変えたいが手にとるようにわかるCSS基礎

  • 1年間無料

    「はじめてWEB」でホームページをはじめよう!
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを50,000円(税抜)でリニューアル!
  • 問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール
  • 文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ!まとめてオフィス

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

コラム週間アクセスランキング[期間:2017/5/14~2017/5/20]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業の開業スケジュールから、融資申込に必要な書類までをカンタン作成

  • 経理通信

    経営者と経理ご担当者必見!中小企業・小規模事業者のための経理サポートサイト

  • まとめてオフィス

    文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ

  • フリーコールS

    問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール

  • auオフィスナンバー

    事務所開設するなら固定電話番号で信頼アップ
    今ならキャンペーン実施中!