スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. ホームページにお客さんを集めるために知っておきたいコト : 第4回 ページタイトルで集客が変わる?~ページタイトルの役割について知ろう~

エキスパートコラム

ホームページにお客さんを集めるために知っておきたいコト(全12回)

第4回:ページタイトルで集客が変わる?~ページタイトルの役割について知ろう~

執筆:原 一宣。(株式会社Gazi工房)

2015年7月27日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数2,309views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

前回は「ホームページの目的」について掘り下げて考えてみました。目的を深く考えることで、どんなページが必要になるのかなどをご理解いただけたと思います。今回は、ホームページへの集客を行うために、その存在を忘れがちなページタイトルについて初歩的な部分を考えてみましょう。

検索結果で重要な役割を持つページタイトル

いきなりですが、みなさんはページタイトルをおろそかにしていませんか?ページタイトルは、ホームページへの集客でとても重要な役割を担っています。

検索サイトでの検索結果は必ず、ページタイトルが表示されます。検索結果にページタイトルが適切に表示されない限り、どんなにキレイで使い易いホームページを作ったとしてもアクセスはしてもらえません。アクセスが無いということは、売上げアップなどの目的や成果の達成をすることはできません。

つまり、ページタイトルはホームページの「看板」であり、検索結果を通してホームページに訪れるか否かの判断材料となります。

お客さんの目的を考えたホームページのタイトル

検索サイトでは、必ずキーワードを入力して検索を行います。お客さまは、検索結果として表示されるページタイトルや、ページ紹介文を読んで、自身の目的にふさわしいページタイトルをクリックしてホームページにはじめて訪れるのです。

例として、前回も登場しました「山形の農村レストラン Gazirow」を元に考えてみましょう。

ホームページのタイトルが「Gazirow」だけでは検索結果として、情報が足りないことは一目瞭然ですね。自分のホームページにどんな目的を持ったお客さまに来てほしいのか、何がウリなのかを強調した言葉がホームページのタイトルに必要です。

例では、どこにある、どんなレストランなのかを念頭に「山形県川西町の有機野菜レストランGazirow」とまとめてみました。

屋号のみのページタイトルでは、検索結果としての情報が不足し集客につながる確率は低い。

お客さまはどんな検索をしているのかを考える

お客さまの視点で考えた時に「山形 レストラン」で検索している人は、「山形県」または「山形市」の「レストラン」でどこか良いお店がないかと探しているはずです。

実際の検索結果でも、山形県や山形市のレストランに関するクチコミサイトや有名レストランなどが上位に表示されます。お客さまは、さらにそこからキーワードを絞り込んで、目的に見合う情報に辿り着こうとするはずです。

この場合「山形 レストラン」で「Gazirow」が1位を狙うことは難しく、また狙うべきではないと言えます。ここで「Gazirow」のホームページを表示させたいお客さまは、「有機野菜 山形 レストラン」「山形県 川西町 レストラン」など、もっと別なキーワードで絞り込んだ検索するのではないか?と想像することができます。

お客さまの目的が検索キーワードに入っている

検索キーワードにはお客さまの目的や欲求が込められ、検索結果には目的に合ったホームページが表示されます。裏を返せば、自分のホームページのお客さまがどんな目的を持って、どんな検索キーワードで検索しているかを考え、ページタイトルに反映させることが、ホームページへの集客、検索エンジン最適化(SEO)のファーストステップであると言えます。

実際に検索キーワードを想像のみでアプローチすることには限界があります。具体的にアクセス解析などのツールを使った、キーワードの絞り込み方法を下記で日比野ななえさんが解説されています。

まとめ

実際に検索サイトを利用してあなたが検索した時に、何を目的として、どんな検索キーワードで検索したのか。さらに、なぜその検索結果をクリックしたのか。この一連の流れを考えるだけで、ご自身のホームページのページタイトルにはどんな言葉を選ぶべきなのか、ヒントが見えてくることでしょう。

ホームページへの集客において、ページタイトルは疎かにできない、大切な部分だと認識いただけましたか?

どのようなページタイトルをつけるべきか文章の技術的な部分は、下記の益子貴寛さんの記事を参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

原 一宣。(はら・かずのり)

原 一宣。(はら・かずのり)

株式会社Gazi工房 代表取締役/JimdoExpert
http://gazikobo.co.jp/

1974年、福島県福島市生まれ。東北福祉大学社会福祉学部社会福祉学科卒業。山形県川西町在住。食品加工会社、電子基板製造会社を経て、フリーランスでWeb制作活動を開始。
2007年に株式会社Gazi工房を設立。Webサイトの企画・設計、制作業務に従事。
イラストやキャラクターデザイン、地域づくりの企画・助言、パソコン教室なども行う。
元東北芸術工科大学 非常勤講師。クリエイティブユニット「gabs」メンバー。
CSS Nite in FUKUSHIMA実行委員。

著書『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、エムディエヌコーポレーション)、『ああしたい、こう変えたいが手にとるようにわかるCSS基礎』(同)。

ああしたい、こう変えたいが手にとるようにわかるCSS基礎

  • はじめてWEB 大感謝祭!~新規加入または2年目更新をし、アンケートに答えてギフト券をもらおう!~
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを50,000円(税抜)でリニューアル!
  • 問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール
  • 文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ!まとめてオフィス

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

コラム週間アクセスランキング[期間:2017/4/16~2017/4/22]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業の開業スケジュールから、融資申込に必要な書類までをカンタン作成

  • 経理通信

    経営者と経理ご担当者必見!中小企業・小規模事業者のための経理サポートサイト

  • まとめてオフィス

    文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ

  • フリーコールS

    問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール

  • auオフィスナンバー

    事務所開設するなら固定電話番号で信頼アップ
    今ならキャンペーン実施中!