スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. 「初心者のためのアクセス解析」アクセス解析を使ってホームページの改善に役立てよう! : 第1回 直帰率が高いけど、どうすればいいの?

エキスパートコラム

「初心者のためのアクセス解析」アクセス解析を使ってホームページの改善に役立てよう!(全6回)

第1回:直帰率が高いけど、どうすればいいの?

執筆:岡崎 理枝子(株式会社オリーズデザイン)

2014年8月18日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数6,129views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

より良いホームページにしていくためには、良いところは更に伸ばし、悪いところは良くなるように改善していくこと、これを継続して行っていくことが、とても重要になってきます。

そのために「アクセス解析」を導入されている方もいらっしゃるかと思います。このコラムでは、初心者がアクセス解析を使ってホームページの改善を行うのに役立てていただけるようにケースごとに会話形式でお届けします。

Google アナリティクスの詳しい数字の見方については、「アクセス解析」はじめの一歩 超初心者のためのアクセス解析で詳しく解説をしていますので、こちらをご覧ください。

登場人物紹介

リエコ

ホームページ制作とアクセス解析を行う、ウェブデザイナー。

有紀

リエコの後輩で、リラクゼーションサロンを開店したばかり。

ホームページは「みんビズ」で作成。ホームページの活用で悩んでいる。

なぜ直帰率が高いといけないのか?

ホームページ内でのユーザーの行動を調べた時に直帰率が高いといけないと学びました。でも、どうして直帰率って高いといけないのですか?

直帰率というのは、ホームページに訪れて1ページだけ見て帰った人の割合なの。例えば、検索エンジンから有紀ちゃんのホームページを訪問した人が1ページだけ見て離れてしまうと、お問い合わせや予約に結びつくのは難しいわよね。他のページも見てもらいたい。だから直帰率を低くする必要があるのよ。

そうですね、もっと違うページもあるのに、1ページだけでホームページから去って行ってしまうとは、残念ですね。

ページ別の直帰率を見る

じゃあ、実際にアクセス解析のデータを見てみましょう。
Google アナリティクスで表示される直帰率は、先ほどみたホームページ全体の直帰率と、ページ別の直帰率の2種類があるのよ。全体の直帰率を確認したら、全体の直帰率を上げているページは、どれかページ別の直帰率について見てみましょう。

[行動レポート] - [サイトコンテンツ] - [すべてのページ]ですね。

ページ別の直帰率が表示されました。

全体の直帰率は、53.38%なので、決して高い数字ではないわよね。
でも、ページ別の直帰率を見ると、高いページと低いページがあるわ。
わかりやすいように、並べ替えをしてみましょうね。

高い順に並べ替えをしてみると、直帰率の高いページがたくさんありますね。ホームページ全体の直帰率が低くても、油断してはいけないですね。

そうね、あとは、ページビューの多いページで直帰率が高いページは、一番注意が必要ね。改善する順序は、ここからね。

直帰率を低くするには、どんなことに気をつけて改善していけばいいですか?

直帰率が高い場合には

  • 期待していた情報がページにない場合
  • 期待していた情報はあったが、次にどのような行動を取れば良いかわからない(導線が悪い)場合
  • なかなか表示されない場合
  • 1ページで内容が完結していて、そのページ内容に満足した場合

などの原因が考えられるわ。

自分のホームページでの直帰率が高い原因は、何かを考えて改善していきましょうね。

表示速度にも気をつけましょう

表示時間が遅いと、直帰率が高くなる傾向にあるのよ。だからここもチェックしておいた方がいいわね。

表示速度ですか?

[目標] - [サイトコンテンツ] - [ページの速度]で見てみましょう。最近は、特にスマホからの訪問が増えている傾向があるので、表示速度は意識しておいた方がいいわ。

グラフに赤く表示されるページは、改善が必要ね。 [目標] - [サイトコンテンツ] - [速度の提案]をクリックすると、問題点が表示されます。

まとめ

直帰率が高い場合には、

  • 期待していた情報がページにない場合
  • 期待していた情報はあったが、次にどのような行動を取れば良いかわからない(導線が悪い)場合
  • なかなか表示されない場合
  • 1ページで内容が完結していて、そのページ内容に満足した場合

などの理由が考えれます。

まずは、Google アナリティクスで、直帰率が高く、かつよく見られているページを見つけてそこから改善していきましょう。直帰率が高い理由によって、対策は違います。どんな理由で直帰をされているか考えてみましょう。

次回も、Google アナリティクスのデータで見つけた問題点の改善についてのお話です。
(第2回につづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

岡崎 理枝子(おかざき・りえこ)

岡崎 理枝子(おかざき・りえこ)

株式会社オリーズデザイン 代表取締役/JimdoExpert
http://www.oriese.com/
http://www.rey-web.com/

岡山市出身・岡山市在住。山陽学園短期大学卒業。
1999年よりWeb制作を始める。システム会社にて9年間、Web制作全般に携わった後、2010年に独立。フリーランスを経て2012年に株式会社オリーズデザインを設立。Web制作・コンサルティングに従事。
講師としては、2011年よりウェブ解析士協会(WACA)「ウェブ解析士マスター」として「ウェブ解析士認定講座」をはじめ、企業研修、Webマーケティング、Google アナリティクスセミナーなど各種セミナーで活動中。

  • 1年間無料

    「はじめてWEB」でホームページをはじめよう!
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを今なら45,000円(税抜)でリニューアル!

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

コラム週間アクセスランキング[期間:2017/2/12~2017/2/18]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業での開業スケジュールから融資申込に必要な書類が作成できるサービスです

  • 経理通信

    中小企業・小規模事業者の経営者と経理担当者のための経理サポートサイト