スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. 「初心者のためのアクセス解析」アクセス解析を使ってホームページの改善に役立てよう! : 第4回 コンバージョンに繋がる流入について調べる

エキスパートコラム

「初心者のためのアクセス解析」アクセス解析を使ってホームページの改善に役立てよう!(全6回)

第4回:コンバージョンに繋がる流入について調べる

執筆:岡崎 理枝子(株式会社オリーズデザイン)

2014年12月1日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数2,973views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

ホームページで集客が出来ていても、コンバージョンに繋がるとは限りません。ホームページに集客される流入経路は、たくさんあります。その中でコンバージョンに繋がる流入経路がわかれば、ホームページの改善・対策もとれると思います。

今回は、コンバージョンに繋がる流入経路を調べる方法について、解説していきます。

登場人物紹介

リエコ

ホームページ制作とアクセス解析を行う、ウェブデザイナー。

有紀

リエコの後輩で、リラクゼーションサロンを開店したばかり。

ホームページは「みんビズ」で作成。ホームページの活用で悩んでいる。

チャネルで流入を確認してみましょう

ただ漠然と、ホームページへの集客を増やしてもなかなかコンバージョンには至らないわよね。コンバージョンに繋がる流入を確認して、それをいかしていきましょう。

はい、ホームページにどこからきたかを調べてみるのですね。Googleアナリティクスのデータの集客を見るのですね。

まずは、ホームページの流入がどこからの集客かをざっくりつかんでみましょう。 集客のチャネルで確認をしてみましょう。

4つのチャネル

チャネルの中にあるこの4つは何ですか?

ホームページへの4つの流入の経路を示しているのよ。

  • Referral →参照サイト経由の訪問

    どこかにリンクが貼られていてそこから流入した訪問のこと。

  • Organic Search →検索エンジンの自然検索からの訪問

    YahooとかGoogleなどの検索エンジンでユーザーが検索して訪問された場合。

  • Direct →リンク元がない訪問

    ブックマーク(お気に入り)や直接URLを入力した時の訪問。

  • Social →ソーシャルメディアからの訪問

    FacebookやTwitterなどソーシャルメディアからの訪問。

※チャネルは、独自のグループも追加することが出来ます。

ホームページへの訪問経路も分類されてわかるのですね。

Referral

では、それぞれをクリックして経路ごとにもう少し詳しく見ていきましょう。
まずは、Referralからの訪問から見ていきましょう。

この参照元に表示されているのが、流入された元のホームページですね。思ってもみないところからも訪問されていますね。新しい発見がありますね。

そして、右の方のコンバージョンという欄も確認してみましょう。 Googleアナリティクスの設定で、目標設定※1を行っておけば、どの参照元がコンバージョンに貢献しているかが見れるのよ。

なるほど…コンバージョン率の高い、特定のホームページから訪問した方が、予約に繋がっているのは、わかる気がします。

目標設定をすることによりホームページの目的がどれだけ達成されたのかが明確になります。

※1目標の設定については、「「アクセス解析」はじめの一歩 超初心者のためのアクセス解析 第2回:ホームページの目標とアクセス解析」をお読みください。

Organic Search

Organic Searchを見てみましょうね。

どんなキーワードで訪問されたのかわかるのですね。でも、あまりコンバージョンには、繋がっていないですね・・・。

有紀ちゃんのホームページは、検索からの訪問者は、直帰率も高いわね。これを見て考えられることは、検索から訪問するユーザーのニーズとホームページの内容が少し違ったのかもしれないということね。あとは、情報量が少ないせいかもしれないわね。

キーワードを参考に内容の見直しや、足りない情報の追加をもう少し考えてみます。

Direct

DirectとSocialも見てみましょう。

私のホームページの中でどこのページから見られているということですね。
トップページの他は、サービスメニューの案内ですね。

Social

Socialからの訪問は、Facebookですね。Facebookに私のホームページのリンクをはって投稿したので、そこからの訪問かもしれませんね。

有紀ちゃんの投稿だけでなく、他の方がリンクをはって投稿してくれたら、それを見て、お店のホームページに訪問してくれるケースもあるのよ。

訪問の経路を知ること、そしてどこからの訪問がコンバージョンに繋がっているのをチェックすることで、コンバージョンにつながりやすいホームページからの誘導を強化したり、意識してソーシャルメディアを使うことは、大切だと思うわ。

まとめ

今回は、自分のホームページで、コンバージョンに貢献している流入元はどこか?をGoogle アナリティクスの集客 - チャネルで確認しました。

ホームページへの訪問経路を分類して、それぞれに向けた対策を考えることが必要です。

コンバージョンにつながりやすいホームページからの誘導を強化したり、意識してソーシャルメディアを使うことも、コンバージョン率アップのためには、有効な手段です。
(第5回につづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

岡崎 理枝子(おかざき・りえこ)

岡崎 理枝子(おかざき・りえこ)

株式会社オリーズデザイン 代表取締役/JimdoExpert
http://www.oriese.com/
http://www.rey-web.com/

岡山市出身・岡山市在住。山陽学園短期大学卒業。
1999年よりWeb制作を始める。システム会社にて9年間、Web制作全般に携わった後、2010年に独立。フリーランスを経て2012年に株式会社オリーズデザインを設立。Web制作・コンサルティングに従事。
講師としては、2011年よりウェブ解析士協会(WACA)「ウェブ解析士マスター」として「ウェブ解析士認定講座」をはじめ、企業研修、Webマーケティング、Google アナリティクスセミナーなど各種セミナーで活動中。

  • 1年間無料

    「はじめてWEB」でホームページをはじめよう!
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを50,000円(税抜)でリニューアル!
  • 晴れ晴れホームページ -ホームページで失敗しないために知っておきたいコト-

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

コラム週間アクセスランキング[期間:2017/1/8~2017/1/14]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業での開業スケジュールから融資申込に必要な書類が作成できるサービスです

  • SmaBI

    会社設立から契約書作成ツール、オンライン上の経営顧問まで スマートな経営をサポート

  • 経理通信

    中小企業・小規模事業者の経営者と経理担当者のための経理サポートサイト