スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. ECサイトあれこれ :「ショップ運営の達人、ぜったいに辞めさせたくないスタッフ紹介」

ECサイトあれこれ

「ショップ運営の達人、ぜったいに辞めさせたくないスタッフ紹介」

2012年8月29日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数2,745views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

「ショップ運営の達人、ぜったいに辞めさせたくないスタッフ紹介」

デザイナーズ家具ショップ「リグナ」、ショップマネージャー編

前回取材をさせて頂いた、デザイナーズ家具をあつかうネットショップ「リグナ」の代表小澤さんより、一押しスタッフとして、バイヤー兼ショップマネージャーの石川さんをご紹介いただきました。今回は、石川さんにお話をうかがいます。

まず、石川さんのご経歴をお聞かせいただけますか

私は、新卒でここに入社いたしました。大学は国際基督教大学、国際環境学科、コミュニケーション専攻です。勉強していたのはメディア論でした。

アメリカの東海岸で留学していたのですが、その時に強く感じたことがあります。アメリカの東海岸はヨーロッパ系の人が多く、日本人や日本に対して型にはまった印象を持っている人が多かったのです。日本には、自動車、電化製品、日本食しかない、というイメージを持たれていました。そのイメージを変えたい!と強く思ました。私自身は、日本の物作り、伝統工芸が大好きだったので、知られていない日本の良いものを、この人たちに知らせたい、世界に広めたいと考えるようになっていました。

就活を始めた頃は「大手に」と思い広告代理店などを受けていたんですが、「自分のやりたいことは何だろう?」と考えるうちに、アメリカで感じていた「日本の物作り、伝統工芸を広く伝えたい!」という思いが強くなっていきました。

そんな時「世界 家具 日本」のワードで検索し、当社が運営する国産家具のサイト『ガラン』を見つけました。「日本の家具を世界に広めていきたい」とのミッションに共感し、応募しました。広告会社や、他の会社の内定は辞退してしまいました。2010年4月の入社です。

リグナでは、どんなお仕事をされてきたのですか

どこのショップでも同じだと思いますが、朝出社したらメールチェックして、注文処理、問い合わせ対応、ショウルームでの接客、電話対応などをしていました。小さな会社ですのでスタッフも少なく、何でもやる感じでした。

2011年の年明けからは「ショップマネージャー」という役割になりまして、今は、それぞれの担当スタッフの業務を統括するのが私の仕事です。スタッフは、受注処理、お客様対応、Webの更新作業などをしています。商品の選定やメーカーさんとのやりとりは、私が担当しています。

若いのに、マネージャーという役割を担うことになった経緯は何ですか

もともと社員数が少なかったのですが、先輩社員が福岡に転居することになり、「成り行きでそうなってしまった」というのが実感です。初めは肩書きだけで、マネージャーの仕事をよく理解していませんでした。それまでと変わらず、受注処理もお客様対応も全部私がやっていたので、特に意識しなかったのです。

分からないことは、どうされたのですか

とにかく、分からないこと知らないことは聞くしかなかったですね。商品に関しては当然メーカーさんに聞くしかないですし、ネットの集客については、福岡に移住した先輩に聞くことが多かったです。あと、Webに関しては担当スタッフの方が知識をお持ちだったので、よく相談していました。

また、メーカーさんにしても同業他社さんにしても、交流会などで知り合った方々に教えていただくことが多いです。そういうところでお目にかかるのは、経営者の方が多いので、勉強になる事が多いですね。ネットに関しては本を読んで研究しています。

これまで順調なようにみえますが、何か困ったことはありませんでしたか

いえいえ、順調なんてとんでもない。去年9月のショールーム移転で大変なことになりました。
私はすでに、ショップマネージャーという肩書きだったのですが、正直そのときは「マネージャー」の自覚がなく、何でも自分で直接作業をしていました。チームで仕事をする重要性とか、役割を分担して支え合うとか、そういう考え方が出来ていなかったのです。

ショールームの移転に際し、スタッフが手伝おうとしてくれていたにも関わらず、私は全く聞き入れませんでした。それどころか「誰も頼れない!」と思い込んでいました。また、移転後は予想以上にお客様が来てくださり、電話も注文も増え、業務が回せなくなってしまったんです。

ひどいミスをしてしまうなど、問題が次から次へと起こりました。何とかお客様のフォローは出来ていたのですが、内部的な業務は全く進まず、スタッフ間の雰囲気がすごく悪くなりました。スタッフ同士の言い合いも多くなりました。

どのように改善したのですか

大きな改善点は、事務所のレイアウトを変更したことです。
ショールームを兼ねたこの事務所は5階建てなのですが、最初は5階を事務所にしていました。一方、1階にショールームの受け付けを置く必要があって、私は1階にいました。5階のスタッフは、ずっと電話対応したり、ずっとPCを触っていたりして、電話やPCがお友達という感じ。私だけがお客様と接していました。

あるとき、「石川さんは忙しそうだけど、実際何をしているか分からない。」と言われたんです。そこでハッと気づいて、事務所スペースを1階に変更しました。同じ空間で仕事をする事が、こんなに良いことだなんて、それまで気づきませんでした。

それ以降、何か気をつけていることってありますか

私に考える余裕が無かったことが原因なのですが、それまでは仕事の目的を共有することをしていませんでした。目的も分からずに、作業だけをお願いしても、なぜやらねばならないかを本人が納得していないので、もめたり、言い合いになったりしていたのです。事務所を1階に移して以降は、必ず目的を共有し、お互いの仕事を理解しようとしています。

最後に、中小のネットショップで働く人にむけて、メッセージをいただけますか

就活で、一度は大企業を目指しましたが、縁あってこの小さな会社に入社しました。メッセージという感じではないのですが、私がここに入って良かったと思っているのは、

  • この人数だからこそ、やらせてもらえる役割がある。
  • 社長の交友関係や取引先など、会える人も多いし範囲も広い。
  • 私のような20代の小娘でも、様々な経験ができる。

という事です。
これからも、積極的に行動し、交流し、話を聞く!という姿勢で仕事をしようと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする
  • 「はじめてWEB」でホームページをはじめよう!
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを50,000円(税抜)でリニューアル!
  • 問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール
  • 文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ!まとめてオフィス

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

コラム週間アクセスランキング[期間:2017/6/11~2017/6/17]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業の開業スケジュールから、融資申込に必要な書類までをカンタン作成

  • 経理通信

    経営者と経理ご担当者必見!中小企業・小規模事業者のための経理サポートサイト

  • まとめてオフィス

    文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ

  • フリーコールS

    問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール

  • auオフィスナンバー

    事務所開設するなら固定電話番号で信頼アップ
    今ならキャンペーン実施中!