スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. あなたのホームページを「読んで」もらおう! : 第1回 すぐに活用できる2つのポイント

エキスパートコラム

あなたのホームページを「読んで」もらおう!(全6回)

第1回:すぐに活用できる2つのポイント

執筆:蝦名 晶子(ディーシーティーデザイン)

2014年4月7日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数11,525views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

「もしもし、○○○ショップさんですか?」
「はい!○○○ショップです。お電話ありがとうございます。」
「ホームページに掲載されている商品についてお聞きしたいのですが・・・」
(心の声)聞かれていること、全部ホームページに掲載しているんだけどな・・・(>_<)

こんな経験、ありませんか!?

自店の商品をアピールしたい気持ちが強すぎて、やたら長い文章になってしまい、テキストだらけのページになっていたり・・・
コーポレートカラーを意識しすぎて、伝えたいことが伝わりにくくなっていたり・・・
パソコンでの文字入力のためか、漢字だらけになっていたり・・・

ちょっとした「工夫」と「おもてなしの心」で、より見やすいホームページを目指しましょう。

1.「色」が与える印象を意識してみよう

人は、視覚(目)から8割以上の情報を得ると言われています。
その視覚に入る情報が、脳にすでにインプットされている情報と異なると、違和感を感じてしまいます。

例えば、「安い」「お得」という印象を持つ色は『赤』ですよね?
これを、青にしてしまうと、安い・特価といったイメージが伝わりません。

さらに、「りんご」が持つイメージの色も『赤』ですし、「甘くておいしい」というイメージも、青では伝わりにくいのがわかると思います。

このように、文字の意味と文字の色のように同時に視覚に入る情報が干渉し合う現象のことを、心理学用語では「ストループ効果」といいます。

私たちは普段の生活の中で、たくさんの情報を脳にインプットしています。そしてその情報の中には「世間一般的」に、ほぼ全員が同じように記憶しているものがたくさんあります。

ホームページに掲載する前に、掲載したい内容に関係がある単語を紙に書き出し、その単語に関係している(連想できる)色もリストアップしておくと良いでしょう。

こちらもぜひ参考にしてください。
色彩とコミュニケーション 第3回:色でブランドを作っていこう

2. 「見せる文字」として意識してみよう

漢字が視覚から与える印象もいろいろあります。
例えば「是非」ですが、それぞれの漢字の個別の意味を見てみましょう。

是・・・【ぜ】道理にかなっていることや正しいこと
非・・・【ひ】道理に反すること、あやまり、欠点、ものごとがうまくいかないこと

是非・・・【ぜひ】どんなことがあっても、ぜひとも、むりに

視覚では「非」という単語も入ってくるため、どうしても「欠点」や「うまくいかないこと」などのイメージも浮かんでしまいます。漢字で見ると「どんなことがあっても無理して来てください」というイメージが強い印象を持ってしまいませんか?

これを、ひらがなにするだけで、優しいイメージに変わります。

漢字での「下さい」は「くれ」の尊敬・丁寧表現で、ひらがなの「ください」は補助動詞になります。文法的に正しいのがひらがな「ください」の方なのです。
※補助動詞・・・動詞のあとにさらにつけることで、文法的な機能を果たす動詞のこと

ターゲットが女性の場合に効果的なのが、カタカナ表記です。

「綺麗」や「可愛い」は、前述の漢字が持つイメージからすると、伝わりやすそうに見えるのですが、ここでおすすめしたいのが「カタカナ」表記です。書店の女性雑誌コーナーにある表紙を見てみると、ほとんどの雑誌が「キレイ」「カワイイ」といった風にカタカナ表記を使っています。

共感するポイントや、流行しているキーワードなどもチェックできますし、女性雑誌の表紙を見るのはとても参考になります。

まとめ

自店のサービスや商品をアピールする際、全て理解しきっている「自分」だけでは気づかないことがたくさんあるものです。身近な人でかまわないので、第三者に見てもらったり、感想を聞いたりすることで、たくさんの気づきがあります。

人が感じる「イメージ」に反していないか、くどい表現になったりしていないか、もう一度見なおしてみましょう。

次回は、「掲載情報の整理方法」についてお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

蝦名 晶子(えびな・あきこ)

蝦名 晶子(えびな・あきこ)

ディーシーティーデザイン 代表
NPO法人あおもりIT活用サポートセンター 副理事長
http://dct-design.net/
http://aoit.jp/

生まれも育ちも青森県青森市。
ショッピングセンターでマーケティング・共同販促・広告・イベント企画・ディスプレイ等の販売促進に携わる。当時おつきあいのあったデザイナーやクリエイターに影響をうけ「何かをつくりあげる」ことに魅力を感じるようになり、2000年、「デザインを発注する側」から「デザインする側」へ転職。2004年に起業し、現在は『ユーザー目線での制作』『スピーディーに良いモノを』をモットーとし、Webサイトや紙媒体の企画から制作・活用提案など、運用全般を手がけている。2012年、青森県内の有志一同とNPO法人あおもりIT活用サポートセンターを設立。IT教育部会を担当し、ITに関わる人材育成に力を注いでいる。
何事も「つなげる」ことが好き。人と人、モノやコトはひとり(ひとつ)よりもつながることでより良いものになると信じている。何事も「プロセス」にこだわり、常にいろいろなゴールを目指し模索している。自他共に認める「愛犬家」で、縁あって里親になったフレンチ・ブルドッグの「タロウ」を溺愛中。

  • はじめてWEB 大感謝祭!~新規加入または2年目更新をし、アンケートに答えてギフト券をもらおう!~
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを今なら45,000円(税抜)でリニューアル!
  • 問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール
  • 文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ!まとめてオフィス

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

コラム週間アクセスランキング[期間:2017/3/12~2017/3/18]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業の開業スケジュールから、融資申込に必要な書類までをカンタン作成

  • 経理通信

    経営者と経理ご担当者必見!中小企業・小規模事業者のための経理サポートサイト

  • まとめてオフィス

    文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ

  • フリーコールS

    問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール

  • auオフィスナンバー

    事務所開設するなら固定電話番号で信頼アップ
    今ならキャンペーン実施中!