スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. はじめてのホームページ改善 : 第1回 私のホームページには、1日どのくらいの人が訪問しているの?

エキスパートコラム

はじめてのホームページ改善(全12回)

第1回:私のホームページには、1日どのくらいの人が訪問しているの?

執筆:日比野 ななえ(株式会社WACUL)

2015年4月13日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数5,717views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

運営しているホームページに、1日どのくらいの人が訪問しているか知っていますか?
5人?10人?50人?

「知らない」という方もいるかもしれませんね。

では、みなさんが運営されている店舗には、1日どのくらいのお客さまが来店されていますか?

店頭で接客・販売をしている方なら、おそらくパッと頭に思い浮かびますよね。

店頭では、接客や売上を集計をすることで、来店者数や売れ筋商品を知ることができます。また、アンケートを実施すれば、住まいの地域や来店回数、お店を知ったきっかけなどを知ることもできます。

ホームページの場合は?

ホームページの場合は、ホームページに「アクセス解析」ツールを導入することで、

  • どのくらいのユーザーが訪問したか
  • どの地域からアクセスしているか
  • どんな経路でホームページにアクセスしているか
  • どのページが人気があるか

など、ホームページに訪問するユーザー(お客さま)の情報を知ることができます。

「アクセス解析」ってなんだか難しそう・・・

「アクセス解析」って聞くと、ちょっと難しそうなイメージですが、みなさんが日頃から店頭で行っていることを、ホームページでは「アクセス解析」といいます。

店頭の場合

店頭の場合は、接客や売り上げ、アンケートなどの情報をもとに

  • 「こうしたらもっとたくさんのお客さんが来てくれるんじゃないかな?」
  • 「こうしたらお客さんにもっと喜んでもらえるんじゃないかな?」
  • 「こうしたらもっと売り上げがあがるんじゃないかな?」

といったことを考えて、商品や店内レイアウト、サービスや接客の「改善」を行いますよね。

ホームページも一緒です。

ホームページでは、アクセス解析ツールでデータを収集、分析、それをもとに改善していくことを「アクセス解析」と呼んでいます。

たとえば、

  • パソコンよりもスマホからのアクセスが多いから、スマホからも見やすいレイアウトにしよう
  • 検索で訪問されないページがあるから、ユーザーに役立つ情報を追加して検索されやすいページにしよう
  • お問い合わせする人は、どうやってホームページをみつけているんだろう?お問い合わせが増えるように、流入経路を分析しよう

といったように、「アクセス解析」をすることで、訪問するユーザー(お客さま)に満足してもらえるホームページを作り、売り上げやお問い合わせにつなげることができます。

アクセス解析ツールを導入すれば、こんなことがわかる!

アクセス解析ツールを使って、どんなことがわかるのかご紹介します。

こちらは、Googleが無料で提供しているアクセス解析ツール「Google アナリティクス」です。誰でも無料で使うことができます。

下の画面は、私のブログ(ひびの備忘録)で設定している、Google アナリティクスのレポート画面です。

赤い枠の中が、基本のメニューです。「ユーザー」の中にある、「ユーザーサマリー」というレポートページが表示されています。

このページで、どのくらいのユーザー(お客さま)がホームページに訪問しているかを知ることができます。

赤い枠の中のメニューを上から見ると、

  • ユーザー
  • 集客
  • 行動
  • コンバージョン

と並んでいます。ちょっと聞き慣れない言葉ですね。

こんなことがわかります。

ざっくり言うと、「どんなユーザーが」「どこから来て」「どんなページを見たか」「どのくらい成果があったか」を知ることができます。

次回、「Google アナリティクスを使うとどんなことがわかるの?」では、具体的にどのようなデータを見ることができるのかをご紹介します。

まとめ

店頭では、接客や売り上げの集計、アンケートなどを行うことで、お客さまの情報を知ることができますが、ホームページでは、Google アナリティクスなどのアクセス解析ツールを使うことで、

  • どんなユーザーが
  • どこから来て
  • どんなページを見たか
  • どのくらい成果があったか

といった、訪問するユーザーの情報を知ることができます。

その中での気づきをもとに、ホームページを改善していくことで、訪問するユーザー(お客さま)に満足してもらえるホームページに近づき、売り上げやお問い合わせにつながっていきます。

みなさんのホームページには、どのくらいのユーザーが訪問していますか?
まずは、1日どのくらいのユーザーがホームページに訪問しているか、調べてみましょう。

導入方法は、以下のページをご覧ください。

今回からはじまった「はじめてのホームページ改善」では、12回にわたりGoogle アナリティクスを使った、ホームページの改善方法をご紹介していきます。

次回は、「Google アナリティクスを使うとどんなことがわかるの?」です。

これから、皆さまのホームページ改善に役立つ情報をお届けしていきますので、次回もぜひご覧ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

日比野 ななえ(ひびの・ななえ)

日比野 ななえ(ひびの・ななえ)

株式会社WACUL(ワカル)AIアナリスト カスタマーサポート
https://wacul-ai.com/

2012年から2年半名古屋のコワーキングスペースに勤務。店舗の運営をしながらアクセス解析を始める。アクセス解析・Google アナリティクスの講師として登壇経験を重ね、2015年3月独立。アクセス解析やSEOを考慮したコンテンツ作成、ライティング、セミナー講師を中心にフリーランスで活動。
2015年9月、株式会社WACULに入社。人工知能でWebサイトの課題発見から改善提案まで行う「AIアナリスト」のカスタマーサポートを担当。
ブログ「ひびの備忘録」ではGoogle アナリティクスの使い方をやさしく解説。

  • 1年間無料

    「はじめてWEB」でホームページをはじめよう!
  • 晴れ晴れホームページ -ホームページで失敗しないために知っておきたいコト-
  • 15分×7日間 無料でできる はじめてのホームページらくらく作成ガイド

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

コラム週間アクセスランキング[期間:2016/7/17~2016/7/23]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業での開業スケジュールから融資申込に必要な書類が作成できるサービスです

  • SmaBI

    会社設立から契約書作成ツール、オンライン上の経営顧問まで スマートな経営をサポート

  • 経理通信

    中小企業・小規模事業者の経営者と経理担当者のための経理サポートサイト