スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. ホームページのクオリティアップ術:運用編 : 第4回 検索をもっと便利に!さまざまな検索方法・テクニックを紹介

エキスパートコラム

ホームページのクオリティアップ術:運用編(全8回)

第4回:検索をもっと便利に!さまざまな検索方法・テクニックを紹介

執筆:赤間 公太郎(株式会社マジカルリミックス)

2016年10月17日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数512views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

"ホームページのクオリティアップ術:運用編"のコラムを担当する、マジカルリミックスの赤間です。
全8回のこのコラムでは、ホームページの運用に役立つサービスやその利用方法をご紹介していきます。

便利な無料のWebサービスを活用して、効率よく質の高いホームページを目指しましょう。

日々検索はするけれど、もっと素早く効率よく情報を収集したい

日々の情報収集の中で、もっと早く必要な情報を見つけたいと思ったことはありませんか?

なにか調べたいことがある場合、Googleなどの検索エンジンで「キーワード」を入力して検索を行います。
自分が本当に欲しい情報にたどり着くまで、いくつかの組み合わせで試したり、異なるキーワードを何度も入力したりと試行錯誤をくり返すことも多々あることです。

そんな検索についてですが、Googleの検索窓は、特定の文言を除いた検索結果を表示したり、PDFやWord、Excelなどのファイルを直接検索するなど、さまざまな条件をつけて検索することができます。
今回は、日々の検索を便利にするテクニックをご紹介します。

上手に活用することで、検索の手間を省略し、目的の内容にすばやくたどり着くことができます。

Googleの検索窓は、単にキーワードを入力するだけではなく、さまざまな機能を備えている

複数のキーワードで検索した際、ページ内のどこか出現してる組み合わせではなく、ズバリそのままの並びで構成されているページを表示させる

これは複数のキーワードを利用して検索をかける際に有効なテクニックです。

キーワードをダブルクオーテーション(” ”)で囲むと、その語句に完全に一致するものだけを検索することができます。たとえば「“シフォンケーキ チーズ”」と検索すると、その2つのキーワードがセットで扱われているページのみを表示することができます。

「ページのどこかにシフォンという単語が含まれている」ページなど、キーワードが含まれているだけのページは除外できます。

ダブルクオーテーションを使用して検索した場合

検索結果ページが、約40,600件ヒットしました。

ダブルクオーテーションを使用せず検索した場合

検索結果ページが、約663,000件ヒットしました。

その言葉の並びなど、ピンポイントな検索結果を狙いたい場合は、ダブルクオーテーションを活用しましょう。

特定のキーワードを除外する

検索したいキーワードの後ろに「半角スペース -除外したいキーワード」と入力すると-(ハイフン)の後ろに書かれたキーワードを検索結果から除外することができます。除外ワードは「検索キーワード -除外キーワードA -除外キーワードB」のように「半角スペース -除外したいキーワード」を繋げることで除外キーワードを増やすことができます。

たとえば「ミラーレス一眼 -nikon -ニコン」と検索すると「ミラーレス一眼カメラに関するページのうち、"nikon"と"ニコン"の情報は除外したページ」という具合で検索することができます。

複数キーワードの中からいずれかを含むページを検索する

キーワードAとキーワードBを「OR」で区切ることで、どちらかのキーワードを含むページと、どちらも含むページを表示することができます。ORは大文字で記述する必要があります。小文字で「or」と書いた場合、それ自体が検索語句となってしまうためです。

検索する内容がざっくりしていて、ひとまず多くの情報を集めたい場合や、比較検討をする語句などの組み合わせに有効です。

内容が似ているホームページを検索する

検索窓で「related:」と入力し、さらにその後ろに続けてホームページのアドレスを入力すると、内容が似ているホームページをGoogleがリストアップしてくれます。たとえばクックパッドのURLで検索した場合、料理のレシピ掲載ホームページが検索結果に表示されます。

競合のホームページを調査、リストアップする際に便利な機能です。

1つのホームページ中で、特定のキーワードが含まれたページ一覧を検索結果に表示する

検索窓で「site:」と入力し、さらにその後ろに続けてホームページのアドレスを入力すると、そのホームページ全体の中から、キーワードを含んだページのみがリストアップされます。

この仕組みは、以下で解説している「ホームページに検索機能をつける」技術でもあります。

PDFやWord、Excelなどのファイルを検索する

検索窓で「filetype:」と入力し、さらにその後ろに続けて検索したいファイルのタイプ(拡張子)を入力します。入力する文字はWordファイルであれば「doc」、Excelファイルであれば「xls」、PowerPointなら「ppt」など、さまざまなファイルタイプを指定して検索できます。

そして半角スペースで区切り、その後にキーワードを入力すると、キーワードを含みながら指定した形式のファイルを検索することができます。

WordやExcelなどのビジネス文章のひな形や、Fax注文書など、参考にしたいファイルを探し出す際に便利な機能です。

すでに消滅したホームページを表示する

閉鎖や解約など、何らかの理由で消滅したページを見ることができます。Googleはホームページのデータを一部保存しており、これを「キャッシュ」と呼びます。すでに存在しないホームページではあるものの、Googleが「キャッシュ」として残していれば、それを閲覧することができます。

また、すでに存在しているページに対しても有効で、Googleがキャッシュとして保存した時点の状態を表示します。

検索窓で「cache:」と入力し、さらにその後ろに続けてホームページのアドレスを入力します。

おまけ:リニューアル前などの、過去のホームページをさかのぼってチェックしたい場合は「Internet Archive」を活用

Internet Archive(インターネットアーカイブ)は世界中のホームページをはじめ、さまざまなデジタル情報を保存している非営利法人です。Googleのキャッシュでは特定の状態しか確認できませんでしたが、Internet Archiveを利用すると、そのホームページの過去の状態をチェックすることが可能です。

Internet Archive: Digital Library of Free Books, Movies, Music & Wayback Machine

検索エリアにホームページアドレスを入力してみる

たとえば、「http://www.yahoo.co.jp」と入力・検索した場合、過去のヤフーの状態にさかのぼることができます。ページによっては、表示が崩れることがありますが、当時そのページがどのような状態だったかを確認することができる、貴重な資源です。

一般のホームページにおいても、変遷がチェックできるツールです。

2000年のヤフージャパンを表示してみた状態

まとめ

検索方法を工夫することで、目的の情報に辿りつくまでの時間を節約することができます。
目的に合った検索方法で、より快適な検索を楽しみましょう。

次回は、「Instagram・Facebook・Twitterをホームページに組み込む」と題して、代表的なSNSをホームページに連携させる方法をご紹介します(つづく)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

赤間 公太郎(あかま・こうたろう)

赤間 公太郎(あかま・こうたろう)

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert
http://www.magical-remix.co.jp/
http://www.kotalog.net/

宮城県出身。IT関連の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。Webサイトのデザイン・コーディングを中心に従事。2002年退職後すぐに個人事業としてマジカルリミックスを創業。2007年に法人化し株式会社マジカルリミックスを設立。規模を問わずお客様のニーズにあわせたWebサイトの企画立案、制作、アクセスと売上アップをめざした更新サポートまで一貫して手がけている。
また、Web制作だけにとどまらず、社内向けのセキュリティ・IT活用のプライベートトレーニング、セミナー出演、執筆なども意欲的に手がける。全国からの講演依頼も多数。2005年から仙台の専門学校で、非常勤講師としてWeb制作講義を担当。

主な著書に『10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック』(エムディエヌコーポレーション)『10日で作るかっこいいホームページ Jimdoデザインブック』(同)『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、同)『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)。

[所属]
仙台商工会議所 エキスパートバンク登録/みやぎ産業振興機構 専門家アドバイザー/みやぎ工業会正会員

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

  • 1年間無料

    「はじめてWEB」でホームページをはじめよう!
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを50,000円(税抜)でリニューアル!
  • 晴れ晴れホームページ -ホームページで失敗しないために知っておきたいコト-

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

コラム週間アクセスランキング[期間:2017/1/8~2017/1/14]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業での開業スケジュールから融資申込に必要な書類が作成できるサービスです

  • SmaBI

    会社設立から契約書作成ツール、オンライン上の経営顧問まで スマートな経営をサポート

  • 経理通信

    中小企業・小規模事業者の経営者と経理担当者のための経理サポートサイト