スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. みんビズ運用講座 ブログをつかって情報発信 : 第1回 ブログを書く理由

エキスパートコラム

みんビズ運用講座:ブログをつかって情報発信(全6回)

第1回:ブログを書く理由

執筆:赤間 公太郎(株式会社マジカルリミックス)

2013年5月22日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数8,511views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

「みんビズ運用講座:ブログをつかって情報発信」のコラムを担当します、マジカルリミックスの赤間です。私がお送りするコラムは全部で6回で、いずれもブログにスポットを当てた内容でお送りしていきます。第1回は「ブログを書く」がテーマです。

「ホームページ」と「ブログ」

通常、お店やサービス紹介をするために「ホームページ」を開設します。そのホームページには、会社やお店の基本情報だったり、取り扱う商材の紹介だったりと、わりと固定的な内容が掲載されているケースがほとんどです。

「ホームページは鮮度が命、どんどん更新をかけましょう」ということを、いろいろな所から見聞きします。しかしながら、このようなあまり更新をしない、更新の必要性が薄いホームページは、どうやって更新をかければ良いのでしょうか。

そのカギは、ブログにあります

ホームページそのものが、内容的に更新しづらいものであっても、ブログであれば、製品に関することを掘り下げて紹介したり、自分の気持ちを加味して伝えるなど、柔軟な表現ができますし、何よりそもそもの目的である「更新」ができるようになります。

ホームページ(左)とブログ(右)

ブログは難しくない

初めてブログをやる場合、まずどこから手をつければいいのか?どのような内容にすればいいのか?わからないことが多く、なにかと迷ってしまうと思います。しかし、基本さえしっかりと押さえておけばそれほど難しいものではありません。むしろ、コツさえつかんでしまえば「ブログって楽しい!」と思えるようになり、更新する意欲も高まるに違いありません。

ブログの基本構造をおさえる

ブログは一般的に自由度の高いツールであり、書く人によってその利用スタイルもさまざまです。利用スタイルの違いはあるものの、多くの場合、ブログは基本となる構造と機能に従って書くことになります。
まずは、ブログの基本構造である「記事タイトル」「内容」、機能である「カテゴリー」「アーカイブ」あたりから押さえていきましょう。

記事タイトル

その記事の表題に当たる部分です。記事全体をひとことで言い表す最も大事な部分のひとつなので、わかりやすいタイトルをつけるように心がけます。Yahoo! JapanやGoogleなど、検索エンジンの検索結果にも表示される部分です。

記事タイトルは検索結果に表示される

内容

ブログの内容を記述します。この中に、テキストや画像、表組み、箇条書きリストなどあらゆる情報を入れ込みます。また、こまめに見出しをつけてわかりやすくブロック分けするのが、読みやすいブログを書くコツです。内容の組み立て方については、以下の記事もあわせて参考にしてみてください。

内容の一例

カテゴリーとアーカイブ

ブログは通常、直近で作成した記事が「最新の記事」として扱われ、時系列に書きためられていきます。では過去の記事をアピールしたい場合はどうでしょうか。
過去の記事は、どんどんさかのぼって見ていかないとたどり着くことができません。こういった過去の記事にたどりつきやすくするために「カテゴリー」や「アーカイブ」といった機能で分類を行うわけです。

「カテゴリー」と「アーカイブ」の一例

カテゴリーは、同じジャンルの記事をまとめておくことができます。たとえば、「お知らせ」としてカテゴリー設定をしておけば、そのカテゴリーを参照した際に、お知らせに関した記事だけをまとめてくれるような機能です。カテゴリーは複数設定できるので、当てはまるジャンルが複数ある場合は、複数の設定とすることも可能です。

アーカイブは、「公記録保管所、公文書、または公文書の保存所、履歴」などの意味があります。つまり、記録を保存しておく場所ということです。

ブログで言うアーカイブは、「記事の保管場所」という性質で、多くの場合、投稿月ごとに分類されます。更新を重ね、記事が溜まると「2013年5月」「2013年4月」「2013年3月」…、と言ったように過去の資産として蓄積されていきます。長く存在し更新されているブログは、このアーカイブ部分が多いのが特長です。コツコツ積み重ねてきた歴史ですね。

みんビズにおけるブログ機能で、分類を行うには以下の記事を参考にしてみてください。

ブログの内容と、向き合い方

ブログの内容はどのように決めれば良いのか?

最初のうちは、どのような内容をブログに書いていけば良いのかわからないものです。そんなときは、自分と同じようなビジネスをしている人のブログを見たり、自分のいつも見ているようなブログを参考にしてみましょう。

いつもはただ何となく眺めている他人のブログでも、「どのようなタイトルや内容で、どれくらいのボリュームで、どのような体裁で書いているか」などを分析すると、なるほど、と気づくことがたくさんあります。このように、まずは他人のブログを参考にしてみると良いでしょう。

まずは見よう見まねでやってみて、ブログというものに慣れていってください。誰もが、最初からすごい記事は書けないものです。

ブログを書き続けるメリット

ブログは1日ではできあがりません。日々コツコツと書きためていき、振り返るとそこに成果が付いてくるものです。ブログは、「継続は力なり」「塵も積もれば山となる」という言葉がピッタリです。やり続けることにより、文章や写真の技術向上の一助になる場合もありますし、ふとした記事から、売上やアクセスアップに繋がることもあります。

ブログをコツコツやる、そんな小さな積み重ねがホームページに対しての大きなメリットになります。ブログをまだ始めていない方は、この機会にぜひブログを始めてみてはいかがでしょうか。

小さな積み重ねで、大きなメリットへ

次回は「ブログに書く内容 テキスト編」について解説します。

まとめ

  • 「ホームページ」と「ブログ」の役割の違いを理解する
  • ブログは自分で作れるインターネット上の資産
  • 他人のブログを解析して、自分なりのスタイルを見つける
  • 「継続は力なり」「塵も積もれば山となる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

赤間 公太郎(あかま・こうたろう)

赤間 公太郎(あかま・こうたろう)

株式会社マジカルリミックス 代表取締役CEO/JimdoExpert
http://www.magical-remix.co.jp/
http://www.kotalog.net/

宮城県出身。コンピューター系の専門学校を卒業後、仙台のデザイン会社に入社。
Webサイトのデザイン・コーディングをはじめとし、各種デジタルメディアのデザインに従事。2002年に退職し、しばらくフリーランスとして活動。2007年に株式会社マジカルリミックスを設立。社内での業務担当は、Webサイト運用に関するコンサルティング、社内向けITトレーニング、セミナー出演、執筆など。2005年より仙台市内の専門学校において、非常勤講師としてWeb制作の講義を担当。
主な著書に『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、エムディエヌコーポレーション)、『基礎から覚える、深く理解できる。Webデザインの新しい教科書』(同)、『ああしたい、こう変えたいが手にとるようにわかるCSS基礎』(同)。

10日でSEO&アクセスアップ Jimdoデザインブック

  • 1年間無料

    「はじめてWEB」でホームページをはじめよう!
  • 晴れ晴れホームページ -ホームページで失敗しないために知っておきたいコト-
  • 15分×7日間 無料でできる はじめてのホームページらくらく作成ガイド

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

コラム週間アクセスランキング[期間:2016/7/17~2016/7/23]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業での開業スケジュールから融資申込に必要な書類が作成できるサービスです

  • SmaBI

    会社設立から契約書作成ツール、オンライン上の経営顧問まで スマートな経営をサポート

  • 経理通信

    中小企業・小規模事業者の経営者と経理担当者のための経理サポートサイト