スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. ネットショップをはじめる前に知っておきたいコト : 第3回 ネットショップに向いている商品・向いていない商品を知っておこう

エキスパートコラム

ネットショップをはじめる前に知っておきたいコト(全6回)

第3回:ネットショップに向いている商品・向いていない商品を知っておこう

執筆:志鎌 真奈美(Shikama.net)

2016年6月27日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数2,727views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

ネットショップは低コストで運用ができ、24時間365日稼働してくれる便利な販売形態ではありますが、何を扱っても売れるという訳ではありません。やはり売れやすい商材、売れにくい商材があります。

もちろん、どのジャンルにも競合は存在するため、売れやすい商材を扱えば必ず成功するとは限りませんが、売るのが難しいもの、販売戦略が立てにくいものを扱う場合には注意が必要です。

第3回では、ネットショップに向き・不向きの商材について解説します。商材を決めるときの参考にしてください。

ネットショップに向いている商材

実店舗とネットショップの大きな違いとして、「商品を手に取ることができない」「商品を即入手できない」「店員さんにその場で説明を聞くことができない」の3点があげられます。

逆に言えば、手に取る必要がない、店員さんに聞かなくても品質がわかっているものについては、ネットショップに向いている商材と言えるでしょう。これらのことを踏まえて、ネットショップに向いている商材を4種類、ピックアップしました。

(1) 化粧品・健康食品、書籍・DVD、家電・パソコンなど、どこで購入しても同じもの

化粧品や健康食品など、ユーザーが、すでに実店舗で購入した経験があるものは、どこで購入しても同じ品質のものが手に入るので、ネットショップで扱いやすい商材です。

また、テレビ、冷蔵庫、エアコンなどの家電やパソコンなども、あらかじめ下調べが済んでいるユーザーが、ネットで購入するというケースが増えています。書籍やDVD、CDなども同様です。ただし、これらのジャンルは、Amazonという巨大なマーケットがあるため、単体のネットショップで売り上げをあげるのは難しいジャンルでもあります。

他店では扱っていないようなニッチな商材やマニアックな商材であれば、ネット上の競合も少なくなるため、商材としてはおすすめです。市場が小さくでも、ヒット商品が生まれることもあります。

(2) 店頭では買いにくいもの

ダイエット商品や育毛剤など、身体的な悩みを解消するためのグッズなど、「コンプレックス商材」と呼ばれるものは、実店舗では購入しにくいことが多いですよね。これらの商材は、ネットショップでの販売に向いています。

(3) 重量があるもの

水やスポーツドリンク、お米など、重量があるものを自宅まで配達してもらえるというのは、消費者にとってありがたいものです。大量購入した方が安くなる洗剤などもここに含まれるでしょう。

ネットショップに向いていない商材

次にネットショップに向いてない商材について解説します。ネットショップに向いている商材とは逆で、「即入手できるもの(即入手が必要なもの)」などが含まれます。

(1) 生鮮食料品

ネットショップは、注文してから手元に届くまで、タイムラグが発生するため、賞味期限が短い生鮮食料品のような商材は向きません。

近年は、大手スーパーが通販に参戦してきており、朝注文すると夕方までに食材を宅配するようなサービスを行っているところもありますが、もともと流通が整っていることに加え、知名度があるので集客する必要がない等の背景があります。小規模事業主が、今から同じことをするのは、さまざまな面から難しいと言えるでしょう。

ただし、能登の新鮮な魚介類を販売する「おさしみ直送便」のように、届ける範囲を狭める等の工夫をすることでネット販売がうまく行っている例もあります。また産地直送野菜販売の成功例もありますので、この辺りの市場を狙っている場合は、大手にはない良さやアイディアで勝負すると良いでしょう。

能登から新鮮なお刺身を宅配してくれる「おさしみ直送便」は、宅配エリアを絞ってサービスを展開。

(2) 日用雑貨

最寄りのスーパーやドラッグストア、コンビニなどで買える日用雑貨や、100円ショップのように廉価なものはネットショップには不向きです。これらのものは、即入手してすぐに使いたいという場合が多いことに加え、ネットショップで扱うには、利益率が低いということも理由のひとつです。

(3) 検索されない商材

「スマートフォン」が世の中に出たばかりの頃、「スマートフォン」という言葉で検索する人は誰もいませんでした。つまり誰からも検索されないような商品を扱う場合、検索からの集客が全く期待できないということなのです。ネットショップでの販売において、検索を通して商品を探してもらうというのは、重要な集客戦略のひとつです。もし、世間に認知されていない商品を扱う場合、まず最初に認知を広げるための投資が必要になります。

認知されていない新しい商品(サービス)が購入に至るまでの流れ

広告やイベントへの出展など、予算と期間を確保してある場合は良いのですが、認知が拡大するまでに思いのほか時間がかかることもあり、小規模な企業では難しいケースも。「3年間ネットで販売してみたが、ひとつも売れなかった」という例も実際にあり、ニーズがない商品販売の難しさを物語っています。

認知を広げる部分を取り組むことができれば、その後販路の拡大に繋がる可能性があるということですので、戦略を立ててからスタートすることをおすすめします。専門家派遣制度を使って、プロの意見を聞いてみるのも良いでしょう。

以前は不向きと思われていたが、ネットショップで売れるようになったもの

ネットショップに向き、不向きの商材について紹介してきましたが、以前は不向きだったものの、近年売り上げが伸びている商材があります。顕著なのは「アパレル」(ファッション)のジャンルです。

「日本ネット経済新聞」が2016年6月9日に発表した「ネットショップ売り上げランキング」によれば、全体的に売上が伸びている中で、特に顕著なのはアパレル、靴、ブランド品などの分野であるとのこと。

インターネット通販売上高ランキング(2015年度調査)によると、444社の合計売り上げは3兆4344億円となった。前年実績と比較可能な149社で算出した伸長率は8.8%だった。アパレル、靴、ブランド品などファッション分野の2桁増収が目立つ。当社推定値も含め、ネット通販売上高が100億円以上となった企業は前年調査より7社多い71社だった。(日本ネット経済新聞より)

服や靴は、実際に目で見て触れる、あるいは試着してから購入するもので、ネット商材には不向きとされていましたが、大手が力を入れてきたこともあり、伸び率が高い分野になっています。消費者側がこれらの商材を、ネットで購入することに抵抗がなくなってきたことの表れでもあります。

小規模のアパレルショップでも、「無料試着サービス」を付ける、「無償でのサイズ交換サービス」を行うことで、売上を伸ばした例もあり、決して大手ばかりが成功しているわけではありません。いずれにしても、アイディアと工夫次第で成果は出せるということなのです。

第3回目は「ネットショップに向いている商品・向いていない商品を知っておこう」について解説しましたが、いかがでしたか?商材によって向き、不向きはあるものの、取り組み方次第では成果を出すことは可能です。「セット売り」にする、「会員制の定期販売」にする、「エリアを限定」するなど、改善を重ねながらチャレンジしてみてください。

次回は、「ネットショップの出店形式を知っておこう」をお届けいたします。お楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

志鎌 真奈美(しかま・まなみ)

志鎌 真奈美(しかま・まなみ)

Shikama.net 代表/JimdoExpert
http://www.shikama.net/
http://www.web-supporter.jp/

北海道函館市生まれ。北海道教育大学函館校卒業。千葉県市川市在住。
1997年よりWeb制作を始める。ソフトウェア会社のWeb制作部門に5年間勤めた後、2002年4月に独立。Web制作・企画・制作、システム構築などに従事。
講師として、Webマーケティングやデザインのセミナー活動も行っている。

著書に『WebデザイナーのためのJimdoスタイルブック』(共著、マイナビ)、『Web文章の「書き方」入門教室~5つのステップで「読まれる→伝わる」文章が書ける!』(技術評論社)。

Web文章の「書き方」入門教室~5つのステップで「読まれる→伝わる」文章が書ける!

  • はじめてWEB 読も読もキャンペーン「テーマ別セレクト本」プレゼント!
  • 「はじめてWEB」でホームページをはじめよう!
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを50,000円(税抜)でリニューアル!
  • 問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール
  • 文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ!まとめてオフィス

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

コラム週間アクセスランキング[期間:2017/9/17~2017/9/23]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業の開業スケジュールから、融資申込に必要な書類までをカンタン作成

  • 経理通信

    経営者と経理ご担当者必見!中小企業・小規模事業者のための経理サポートサイト

  • まとめてオフィス

    文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ

  • フリーコールS

    問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール

  • auオフィスナンバー

    事務所開設するなら固定電話番号で信頼アップ
    今ならキャンペーン実施中!