スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. 写真撮影入門 : 第2回 撮影する写真は2種類

エキスパートコラム

写真撮影入門(全12回)

第2回:撮影する写真は2種類

執筆:鍋坂樹伸(コマーシャルフォト サン・スタジオ)

2012年8月8日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数15,599views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

みなさんは、写真を通して利用者に何を伝えたいですか。
利用者はウェブサイトの中で、どのような写真が見たいのでしょうか。
ウェブサイトに掲載する写真は、大きく分けて2種類です。
第2回目は、目的に応じて写真を撮り分ける考え方について解説します。

「イメージ写真」は雰囲気を大切にする

トップページの上部にある一枚の写真。利用者はウェブサイトの印象や、会社(お店)の良し悪しを、一瞬で決めてしまうかもしれません。みなさんは、ウェブサイトにどのような写真があれば良いと思いますか?「イメージ写真」は、文字どおり「イメージ」や「雰囲気」を伝えるもの。細部まで被写体が正確に写っている必要はありません。
写真を通じて、何を伝えたいかを事前に考え「雰囲気重視」で撮影してください。

ポイントは次の通りです。

  • 使用例、調理例を撮影する。
  • 実際の商品が写っていなくても、利用者のイメージをかき立てる光景を撮影する。
  • 商品の魅力を引き出すために、モデルを使う。
  • 人材をアピールしたい場合、「人」もしくは「人の気配」を感じる写真を撮影する。

窓から差し込む自然光だけで撮影したイメージ写真

調味料メーカーの使用例:モデルを使って商品を使用しているイメージ写真

彩りと横長のレイアウトをアピールしたイメージ写真

家具メーカーの使用例:部屋にレイアウトされた状態を伝える写真

家具メーカーの製造風景:人が手作業でつくるというイメージ写真

調理例・食卓:日本酒を飲む人にお勧めのイメージ写真

「説明写真」は正確さを大切にする

「イメージ写真」とは違い、細部まで正確に見える写真を「説明写真」といいます。
特にECサイトの場合、こちらも大変重要な写真です。
商品には「ここがこだわり!」と言うアピールポイントがあります。
お客様は、その写真を頼りに購入にいたります。

  • 暗すぎて商品の色がわかりにくい
  • 手前の商品に隠れて内容がわからない

ということの無いように注意しましょう。

特に食品などに関しては、「このように梱包し、お手元に届きます」という荷姿の写真があると、いっそう安心感が増します。

とろろ昆布の柔らかさや細やかさが正確に伝わる写真

カツ丼とうどんのセットの内容が正確にわかる説明写真

この状態で商品が届くという荷姿の説明写真

特徴を伝えるための説明写真:生地の素材感、セールスポイントを伝えることが目的

イメージ写真も説明写真も、被写体とその周辺を肉眼でよく見る

撮影時、カメラ位置から肉眼で被写体を確認することで、画像となったときの状態をイメージしやすくなります。カメラマンだけではなく、取材やディレクションを担当するスタッフなども含めて、みんなで確認しましょう。写ってはいけないものがないか、逆に、構図に含めたほうがよいものはないかが、ハッキリと見えてきます。
このように、なるべくスタッフ全員で確認しながら撮影することで、撮影後の画像処理、たとえば一部の被写体を構図から外して切り出す(このことを「トリミング」といいます)必要がなくなったり、確認作業の時間短縮やスタッフ間の意見の相違を少なくすることにつながります。

美容室店内写真:不必要なものが写っていないか、カメラ位置から確認

まとめ

  • イメージ写真は「雰囲気重視」で撮影しましょう。
  • 説明写真は細部まで正確に、「わかりやすい写真」を目指しましょう。
  • 「イメージ写真」と「説明 写真」のどちらか一方だけでは、利用者の「理解」や「満足」が得られないかもしれません。意図や掲載スペースに応じた判断が必要ですが、両方をカバーできるのが望ましいと考えましょう。
  • 写真のクオリティを下げるものはないか、シャッターを切る前に「カメラ位置」から確認しましょう。

第3回では、写真の良し悪しを大きく左右する「ピント」と「構図」について解説します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

鍋坂樹伸(なべさか・しげのぶ)

鍋坂 樹伸(なべさか・しげのぶ)

コマーシャルフォト サン・スタジオ 所属

1975年、兵庫県姫路市生まれ。中央学院大学商学部商学科卒業。香川県高松市在住。東京都内の印刷会社営業職を経て、2003年に実家が運営する「コマーシャルフォト サン・スタジオ」入社。広告写真家として活動し、食品・洋服・人物・風景など、さまざまなジャンルの撮影に対応。
2012年より専門学校 穴吹デザインカレッジにて非常勤講師をつとめるかたわら、企業や団体が主催するセミナーでも講師をつとめる。
CSS Nite in TAKAMATSU オフィシャルフォトグラファー。

著書『Web制作と運営のための写真撮影&ディレクション教本~段取りから準備、撮影テクニック、実践ポイントまで~』(マイナビ)。

Web制作と運営のための写真撮影&ディレクション教本

  • はじめてWEB 大感謝祭!~新規加入または2年目更新をし、アンケートに答えてギフト券をもらおう!~
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを今なら45,000円(税抜)でリニューアル!
  • 問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール
  • 文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ!まとめてオフィス

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

コラム週間アクセスランキング[期間:2017/3/19~2017/3/25]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業の開業スケジュールから、融資申込に必要な書類までをカンタン作成

  • 経理通信

    経営者と経理ご担当者必見!中小企業・小規模事業者のための経理サポートサイト

  • まとめてオフィス

    文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ

  • フリーコールS

    問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール

  • auオフィスナンバー

    事務所開設するなら固定電話番号で信頼アップ
    今ならキャンペーン実施中!