スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. 写真撮影実践講座 : 第6回 撮影キットとマクロレンズ

エキスパートコラム

写真撮影実践講座(全6回)

第6回:撮影キットとマクロレンズ

執筆:鍋坂樹伸(コマーシャルフォト サン・スタジオ)

2014年6月2日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数6,760views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

「写真撮影実践」では、実際の商品を撮影し、ライティングやレイアウト、周辺のコーディネートに関するポイントを解説します。第6回は、あると便利な撮影キットとマクロレンズを使った撮影方法を解説します。

ネット通販でもよく見かける撮影キットを使用する

室内での撮影では照明機材を使うことで、天候に左右されず安定した撮影がおこなえると解説しました。(写真撮影入門:第9回 「窓から差し込む「自然光」で、驚くほど美しく」、写真撮影実践講座:第1回 「牛肉スライス500g」参照)。

今回は切り抜き用の画像を簡単に作成できる「撮影キット」を使いました。

立方体のディフューザー。空いている一面の側から商品を並べ、撮影する。

上:照明機材で直接照らす(生光) 下:撮影キットを使用
© 円谷プロ

固いライトで被写体を直接照らすとハイライトが飛んでしまったり、複数の被写体を集合で撮影すると隣りの被写体に強い影が入ります。撮影キットを使うと、ディフューザー内で光が乱反射することで白とびや黒つぶれが起こりにくくなります。コントラストが弱すぎるため「ねむい写真」と判断した際は、撮影後にRAW現像もしくは画像処理ソフトで明るさやコントラストを調整しましょう。

ワイヤー入りの撮影キットが不向きな被写体

とても便利な撮影キットですが、ガラスなどの鏡面仕上げの被写体は不向きです。男性用の腕時計を撮影した例を見てみましょう。

腕時計のガラス部分に撮影キット天井部のワイヤーが写り込んでいます。黒の文字盤の色味がツートンに見えることで、利用者が色の判断を誤ってしまう可能性があります。色だけではなく文字盤のデザインが見えづらくなるので注意が必要です。

ガラスや鏡面仕上げの被写体であっても、形状によっては違和感がない場合もあります。アングルを変えるなど工夫をするとよいでしょう。

撮影キットを使用して撮影。
ガラス面にライン(撮影キット天井部のワイヤーの写り込み)が入っている。

小さいものを撮影する特別なマクロレンズ

マクロレンズは、小さな被写体を大きく拡大して撮影できるのが特徴です。次のような場合は特に、マクロレンズでの撮影が有効です。

  • 花の雌しべや蜜を吸う蝶や蜂を拡大し、肉眼で見たときの繊細さを伝えたいとき
  • アパレル(衣服)や食べ物の素材を拡大し、質感を伝えたいとき
  • 指輪などの小さな商品撮影

今回は指輪を撮影しました。

ズームレンズよりもマクロレンズのほうが「最短撮影距離」が短く、そのぶん被写体に近づいて撮影できます。

被写体までの距離の違い
上:ズームレンズ 下:マクロレンズ

AF-S NIKKOR 24-70mm F/2.8 EDの仕様ページ
最短撮影距離・・・0.38m

Ai AF Micro-Nikkor 60mm f2.8Dの仕様ページ
最短撮影距離・・・0.219m

※POINT

レンズの先から被写体までの距離を「ワーキングディスタンス」と呼び、「最短撮影距離」は撮像素子から被写体までの距離を指します。

ズームレンズで撮影した写真

マクロレンズで撮影した写真

ズームレンズで撮影した写真を画像処理ソフトでトリミングし、拡大して見せることもできますが、画像が荒れて見える場合があります。センサーサイズが大きく、高画素のカメラで撮影しても、トリミングをするのでは、カメラやレンズの機能を活用しきれません。

トリミングをせずに被写体を大きく撮影できるマクロレンズは、カメラの性能を充分に生かし、美しく写せるといえるでしょう。

マクロレンズ+撮影キット

撮影キットを使うことでコントラストの低いやさしい写真に仕上げることができます。時計と同じく、鏡面仕上げの指輪はワイヤーが映りこむ可能性がありますので、撮影後に確認が必要です。

この被写体は9年ほど使用している指輪です。撮影キットを使用することで、光が全体にまんべんなく当たり、傷が目立ちにくくなりました。

ホワイトワックスで指輪を立て、真俯瞰で撮影。

マクロレンズで撮影すると肉眼では見えなかったホコリなどが写ります。指紋がつかないよう手袋をつけたり、小さなホコリはブロアーで吹き飛ばすなどの注意が必要です。

ホワイトワックス(粘度のあるロウ)は、ゴマ粒ほどの量で指輪が立つくらいの固定が可能です。撮影後は柔らかい布でふき取れば、傷やあと残りはありません。

※POINT

今回使用した撮影キットとホワイトワックスは次のものです。

共に銀一オンラインショップより

撮影協力
円谷プロ

まとめ

今回は撮影キットとマクロレンズでの撮影方法を解説しました。

撮影キットはG-CUBE以外にもたくさんのメーカーから販売されています。背景の布やライトを装備しているものがあったりと、価格や機能に差があるので、使用目的に合うものを購入しましょう。

マクロレンズは、小さな被写体、拡大して掲載する商品の撮影に欠かせないレンズです。
カメラをズームレンズキットで購入した場合、次に揃えるレンズの候補となるでしょう。

写真撮影実践では6回にわたり、具体的な撮影方法を解説してきました。

みなさんが思い描いたイメージどおりの写真に仕上げるには、レンズはもちろん、ロケーション、照明、小道具、ポージングなど、撮影前に多くの判断を求められます。

魅力的な写真に仕上げるために、被写体に合う最良の組み合わせを事前に考えることが、写真撮影の醍醐味だと思います。

全6回の写真撮影実践をお読みいただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

鍋坂樹伸(なべさか・しげのぶ)

鍋坂 樹伸(なべさか・しげのぶ)

コマーシャルフォト サン・スタジオ 所属

1975年、兵庫県姫路市生まれ。中央学院大学商学部商学科卒業。香川県高松市在住。東京都内の印刷会社営業職を経て、2003年に実家が運営する「コマーシャルフォト サン・スタジオ」入社。広告写真家として活動し、食品・洋服・人物・風景など、さまざまなジャンルの撮影に対応。
2012年より専門学校 穴吹デザインカレッジにて非常勤講師をつとめるかたわら、企業や団体が主催するセミナーでも講師をつとめる。
CSS Nite in TAKAMATSU オフィシャルフォトグラファー。

著書『Web制作と運営のための写真撮影&ディレクション教本~段取りから準備、撮影テクニック、実践ポイントまで~』(マイナビ)。

Web制作と運営のための写真撮影&ディレクション教本

  • はじめてWEB 大感謝祭!~新規加入または2年目更新をし、アンケートに答えてギフト券をもらおう!~
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを今なら45,000円(税抜)でリニューアル!
  • 問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール
  • 文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ!まとめてオフィス

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

コラム週間アクセスランキング[期間:2017/3/12~2017/3/18]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業の開業スケジュールから、融資申込に必要な書類までをカンタン作成

  • 経理通信

    経営者と経理ご担当者必見!中小企業・小規模事業者のための経理サポートサイト

  • まとめてオフィス

    文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ

  • フリーコールS

    問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール

  • auオフィスナンバー

    事務所開設するなら固定電話番号で信頼アップ
    今ならキャンペーン実施中!