スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. 「印刷物とホームページ」どう違う?どう使う? : 第2回 それぞれの役割を知ろう

エキスパートコラム

「印刷物とホームページ」どう違う?どう使う?(全6回)

第2回:それぞれの役割を知ろう

執筆:蝦名 晶子(ディーシーティーデザイン)

2016年1月18日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数1,724views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

「この商品を売りたいからチラシをつくろう」
「この商品を売りたいからホームページに掲載しよう」
ついつい別々に考えてしまいがちですね。

お互いを活用し合うことで、期待している効果がアップすることがあります。
印刷物やPOPとホームページの初歩的な活用方法についてご紹介していきます。

第1回目では、「ターゲット」によって使い分けることが必要という内容でしたが、今回は「目的」での使い分けについて考えてみましょう。
※チラシやPOP、ホームページのことを「媒体」、媒体を見る人のことを「ユーザー」といいます。

「目的」を設定する

まずは、その媒体を見たユーザーにどういう行動をして欲しいかを決めます。
下記は一例です。

  • 来場者を増やしたい
  • 商品のことを知ってほしい
  • 商品を購入してほしい

「役割」を理解する

それぞれの媒体にはどんな役割があるでしょう?
こちらも一例です。
「目的」により変わる場合もありますが、ホームページは一般的に、全てのお客様が対象となります。

ホームページはうまく使うことが大事

ホームページはいろいろな役割を果たすことができることがわかりました。
それがゆえ、情報過多になってしまう危険性があります。
ターゲット別にどう見せるべきか、どう情報を整理するべきかをよく考え、内容を掲載するようにしましょう。

チラシと同じ内容をホームページに掲載したいという方は多いと思います。
その際は、見てくれる人・見て欲しい人(ターゲット)がどういう環境で見るかを想像してみると良いでしょう。

  • スマートフォンで見る人
  • パソコンで見る人
  • PDFファイルを印刷してじっくり見る人

PDFファイルを掲載する場合

  • 「チラシはこちらからダウンロードできます」

という文字にリンクさせているのをよく見かけますが、このままだと、どんなチラシなのかが全くわかりません。せめて、

  • 「冬の特別セール」(開催期間/1月18日~31日)チラシ(PDFファイルへリンクします)

といった表現にすると、見てみたいという気持ちが起きるのではないでしょうか。

「見てみたい」という気持ちにさせるためには、チラシの雰囲気をキャプチャ画像で掲載するなどすると良いでしょう。

短期間で終わる企画などはチラシのみ掲載でも良いかと思いますが、長期間にわたって行う企画内容は、検索でヒットさせるようにするためにも、ページとして作成することを強くおすすめします。

★SEO(検索エンジン最適化)の記事もぜひ参考にしてみてください。

まめちしき

ホームページ上にチラシを掲載したときに、「あれ?色が違うな?」と感じたことがあると思います。
それは、ホームページはRGBという光の三原色で表現され、印刷物はCMYという色科の三原色プラス黒色で表現されるためです。

※RGBとは?
  • R=レッド(赤)
  • G=グリーン(緑)
  • B=ブルー(青)

パソコンのモニターがこのRGBです。
この3色を混合していけばいくほど色は明るくなり、白に近づいていきます。

※CMYとは?
  • C=シアン(水色)
  • Y=イエロー(黄色)
  • M=マゼンタ(ピンク)

この3色は、混合していけばいくほど色は濃くなり、黒に近づいていきます。

まとめ

世の中にはいろいろな媒体が存在していますが、それぞれが持つ役割や効果を分析したうえで、自分のお店に合ったものを選ぶことが大切です。
ホームページではいろいろなことを試し、効果を測定することができるので、まずは、そこからはじめてみるのも良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

蝦名 晶子(えびな・あきこ)

蝦名 晶子(えびな・あきこ)

ディーシーティーデザイン 代表
NPO法人あおもりIT活用サポートセンター 副理事長
http://dct-design.net/
http://aoit.jp/

生まれも育ちも青森県青森市。
ショッピングセンターでマーケティング・共同販促・広告・イベント企画・ディスプレイ等の販売促進に携わる。当時おつきあいのあったデザイナーやクリエイターに影響をうけ「何かをつくりあげる」ことに魅力を感じるようになり、2000年、「デザインを発注する側」から「デザインする側」へ転職。2004年に起業し、現在は『ユーザー目線での制作』『スピーディーに良いモノを』をモットーとし、Webサイトや紙媒体の企画から制作・活用提案など、運用全般を手がけている。2012年、青森県内の有志一同とNPO法人あおもりIT活用サポートセンターを設立。IT教育部会を担当し、ITに関わる人材育成に力を注いでいる。
何事も「つなげる」ことが好き。人と人、モノやコトはひとり(ひとつ)よりもつながることでより良いものになると信じている。何事も「プロセス」にこだわり、常にいろいろなゴールを目指し模索している。自他共に認める「愛犬家」で、縁あって里親になったフレンチ・ブルドッグの「タロウ」を溺愛中。

  • 1年間無料

    「はじめてWEB」でホームページをはじめよう!
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを今なら45,000円(税抜)でリニューアル!

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

コラム週間アクセスランキング[期間:2017/2/12~2017/2/18]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業での開業スケジュールから融資申込に必要な書類が作成できるサービスです

  • 経理通信

    中小企業・小規模事業者の経営者と経理担当者のための経理サポートサイト