スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. これからはじめるソーシャルメディアビジネス活用 : 第2回 さぁはじめよう!ソーシャルメディアは怖くない!!

エキスパートコラム

これからはじめるソーシャルメディアビジネス活用(全6回)

第2回:さぁはじめよう!ソーシャルメディアは怖くない!!

執筆:原 一宣。(株式会社Gazi工房)

2014年7月28日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数3,100views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

ソーシャルメディアをビジネスで活用するためには、まずソーシャルメディアに取り組むことが必要となります。当たり前のことですが、何事も新しいことをはじめるには、ちょっとした勇気が必要です。今回は、無理なくソーシャルメディアをはじめるためのちょっとした心構えについて解説します。

ソーシャルメディアは、はじめてから理解しても遅くない

「ソーシャルメディアにはビジネスチャンスがある!」という文句をよく目にすることがあると思います。チャンスのあるなしは別として、ソーシャルメディアをはじめないことには、その機会は訪れません。また、「ビジネスチャンスがあるかもしれない。」なんとなく理解はしていても、ソーシャルメディアに取り組むことを「難しそうだから。」と、躊躇される方も多いと思います。

みなさんは、新しい家電製品を購入した時はどうされているでしょうか?
例えば新しいテレビを購入したとします。最近のテレビは様々な機能が付き、操作が難しく感じることも多くなっています。操作が難しいからといってテレビの視聴を諦めるでしょうか?どうしても保存しておきたい番組の録画を諦めるでしょうか?とりあえず操作してみたり、説明書を読んだりされる方が大半だと思います。

ソーシャルメディアもテレビなどの家電製品の操作と同じです。ここで大切なことは、「うまく利用できるか」ということではなく、「ソーシャルメディアをやってみたい」という想いが強いかということになります。まずはその想いに素直にしたがって、利用してみたいSNSに登録してみましょう。操作方法や利用方法は後から覚えても何の問題もありません。

まずは個人利用で、身近な人とつながろう

ニュースで、SNSが発端の事件や炎上(不祥事に起因する批判や非難)が報道されることも多くなり、そのリスクに対しての恐れを抱いている方も多いと思います。しかし、報道される事件などはほんの一部でのできごとであり、ソーシャルメディアの利用者のすべてに当てはまることではありません。もちろん、まったく安全ということではありませんが、それは実生活に置きかえても、同じことです。それでも、「恐い」「難しい」などという不安はつきまとうかと思います。

これらを踏まえて、ソーシャルメディアをビジネスで活用する以前に、まずは個人で利用し身近な人とのやりとりからはじめることをおすすめします。その理由は以下です。

  • 身近な人が多く利用しているSNSを知ることができる
  • 操作方法など、わからないことを聞くことができる
  • 相手の心情や状況など容易に想像できる
  • SNS上での相手との距離感をつかむことができる
  • どういった情報が好まれるのか理解できる など

いきなり不特定多数とつながりを持ち、その対応に苦慮するよりも、実際につながりがあるお友だちや、ご親族とのコミュニケーションであれば、スムーズに学習することができ、ソーシャルメディアをはじめるハードルがグッと低くなります。そして何よりも、気心の知れた間柄であれば、やりとりを楽しむことができることでしょう。

身近な人からつながれば安心してやりとりが可能に

小さな失敗は、大切な経験値

身近な人とのやりとりに慣れてきたら、徐々に友だちの友だちなど、ソーシャルメディア上でつながりが拡大していきます。つながりが広がるにつれ、様々な失敗も多くなるかと思います。例えば、不用意な発言で相手を傷つけてしまったり、誤解が生まれてしまったり、友だちに許可を得ずに写真を公開してしまうなどがあることでしょう。しかし、ここで失敗を恐れてソーシャルメディアの利用をやめてしまうのではなく、失敗を経験値とすることが大切になります。

失敗を経験値とするためには、失敗を失敗のまま放置するのではなく、以下のような振り返りが必要となります。

  • なぜ失敗がおきてしまったのか?(原因を把握する)
  • どのように対応すれば良いのか?(対応策を考える)
  • 今後どのように利用していくか?(改善行動)

このような小さな失敗の経験は、ソーシャルメディアを活用するにおいて大切な資産となります。この積み重ねが、よりよいソーシャルメディア活用へとつながります。

まとめ

ソーシャルメディアに触れもせず批判や批評をしたり、失敗やリスクを恐れるあまり利用を敬遠されているのであれば、非常にもったいないと言わざるを得ません。
もうお気づきかと思いますが、ソーシャルメディアでのコミュニケーションは、現実でのコミュニケーションと基本的に変わりはありません。この記事が「ソーシャルメディアをはじめたいけど・・・。」「難しそうだから利用をやめていた。」など思われている方々の背中を押す役割となれば幸いです。まずは、恐れずにソーシャルメディアをはじめて、楽しんでみましょう!

次回は、ソーシャルメディアをビジネスで活用にすることについて一緒に考えてみましょう。
(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

原 一宣。(はら・かずのり)

原 一宣。(はら・かずのり)

株式会社Gazi工房 代表取締役/JimdoExpert
http://gazikobo.co.jp/

1974年、福島県福島市生まれ。東北福祉大学社会福祉学部社会福祉学科卒業。山形県川西町在住。食品加工会社、電子基板製造会社を経て、フリーランスでWeb制作活動を開始。
2007年に株式会社Gazi工房を設立。Webサイトの企画・設計、制作業務に従事。
イラストやキャラクターデザイン、地域づくりの企画・助言、パソコン教室なども行う。
元東北芸術工科大学 非常勤講師。クリエイティブユニット「gabs」メンバー。
CSS Nite in FUKUSHIMA実行委員。

著書『HTML5+CSS3の新しい教科書 基礎から覚える、深く理解できる。』(共著、エムディエヌコーポレーション)、『ああしたい、こう変えたいが手にとるようにわかるCSS基礎』(同)。

ああしたい、こう変えたいが手にとるようにわかるCSS基礎

  • はじめてWEB 大感謝祭!~新規加入または2年目更新をし、アンケートに答えてギフト券をもらおう!~
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを今なら45,000円(税抜)でリニューアル!
  • 問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール
  • 文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ!まとめてオフィス

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

コラム週間アクセスランキング[期間:2017/3/12~2017/3/18]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業の開業スケジュールから、融資申込に必要な書類までをカンタン作成

  • 経理通信

    経営者と経理ご担当者必見!中小企業・小規模事業者のための経理サポートサイト

  • まとめてオフィス

    文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ

  • フリーコールS

    問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール

  • auオフィスナンバー

    事務所開設するなら固定電話番号で信頼アップ
    今ならキャンペーン実施中!