スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. Jimdo逆引きコラム
  3. ホームページを作る前に
  4. 文章を用意しよう

Jimdo逆引きコラム

ホームページを作る前に

文章を用意しよう

執筆:野崎 晃(株式会社デック)

2017年9月1日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数234views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

ホームページには様々な情報を掲載しますが、ほとんどのページは「画像」と「文章」で構成されています。画像(写真や図など)と文章(文字情報)はお互いに補完しあう関係のもので、画像だけでは伝わらないことも文章を添えることでより詳しく、正しい情報が伝えられます。

また文章だけではイメージが広がらないものでも一枚画像があることで、文章だけでは表現できないことをより適切に伝えることができます。

まずは原稿の中で大事な「文章」について考えてみましょう。
ホームページの目的が達成できるかどうかは、この文章にかかっていると言っても過言ではありません。

あなたのお店に訪れたくなるように、あなたの会社に依頼したくなるように、しっかりとあなたのお店や会社の魅力を伝える文章を載せましょう。

ホームページの構成から必要な情報を集めよう

ホームページに掲載する情報を用意するにはどんなホームページを作るかを考える必要があります。 まずは設計図とも言えるホームページの構成(サイトマップ)を考えてみましょう。

サイトマップができあがったら、それぞれのページに必要な情報は何かを考えてみましょう。

例:一般的な企業のサイトマップ

トップページ
 ├ 企業情報
 ├ 企業理念
 ├ 商品・サービス
 ├ 採用情報
 ├ 交通アクセス
 └ お問い合わせ

一般的には「企業情報」には会社の設立や沿革、役員や資本金などの情報が掲載されており、「企業理念」には会社の思いやビジョンを掲載したりします。どのような情報をそのページに掲載するかを考えて、会社案内やパンフレット、チラシなどの資料を手元に集めましょう。資料が無い場合は、掲載する情報を調べたり、新たに用意する必要があります。

こうして掲載する情報を集めたら、「画像」と「文章」でホームページを作成していきます。
ホームページに掲載する文章を用意するためには大きく分けて「自分で書いてみる」「プロのライターに書いてもらう」という2つの方法があります。

文章を自分で書いてみる

もっとも手軽なのは自分で書いた文章を載せることです。
しかし、文章というのは書き慣れていないとなかなかうまく書けなかったり、伝えたい事が伝えられない場合があります。

とくに自分で書く場合に注意すべきことは「誰が読んでも理解できる文章」を書くということです。
あなたにとっては当たり前になっていることでも、その事業について詳しく知らない人にとっては当たり前でないこともあるということを念頭に置いて文章を書いてください。

たとえば、専門用語を多用したり、説明を省略した文章では、誰が読んでも理解できるとは言えません。
簡潔かつわかりやすい文章になるように心がけましょう。

自分の会社やお店への想いやこだわりが強ければ強いほど、次々とホームページに載せたいことが思い浮かんでくるかもしれません。

ですが、それを思いついたまますべて伝えようとして、とてつもなく長い文章を載せてしまったり、同じような内容をあちこちに繰り返し載せてしまったりすると、ホームページを見にきた人は少しウンザリしてしまうかもしれません。せっかくのあなただけの強みがあるのに、それが伝わらないのはもったいないですよね。

そんな時は、ホームページを見にきた人の気持ちになって、情報をわかりやすく整理して、適切な伝え方で伝えるように気をつけてみてください。時には、文章だけでなく写真や図、イラストなどで補足しながら伝えることも効果的です。

文章をプロのライター(制作会社)に書いてもらう

どうしても自分で文章が書けないという場合や、ワンランク上の文章にしたいという場合はプロのライターさんに依頼して文章を書いてもらうという方法もあります。プロのライターさんに書いてもらう場合、客観的な視点から情報を整理してもらえて、文章を書いてもらえるというメリットがあります。

ライターさんごとに得意な分野が異なりますので、あなたの事業に合ったライターさんを選ぶということも大事です。あなたの事業に対して知識があるだけでなく、あなたの伝えたい想いをしっかり汲み取ってくれるかどうかを見極めて依頼しましょう。

良いホームページを作るためには、どのようなことを、どんな風に伝えたいかを事前にしっかりと打ち合わせしておきましょう。ライターさんに書いてもらった場合でも、最後はその文章がちゃんと伝わるかどうかを客観的にチェックしてみてください。

制作会社やプロのライターに依頼する場合はネットで検索をすると沢山でてきますので、いろいろ探してみましょう。

どんなに良い会社でも良い商品やサービスでも、適切に伝えることができなければ魅力を感じてもらえません。「お問い合わせをもらう」「信頼してもらう」などホームページの目的を達成するためにも掲載する情報や文章を大切にしてホームページを作成してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

野崎 晃(のざき・あきら)

野崎 晃(のざき・あきら)

株式会社デック 代表取締役/JimdoExpert
http://s-deck.jp/
http://jp-m.jimdo.com/

愛知県名古屋市を拠点に活動するWeb制作の会社の代表。
2009年Jimdoに出会い、より多くの人にJimdoの便利さ/楽しさを伝えるべく解説ページ「Jimdoでつくる簡単ホームページ!」を開設。JimdoJapan公式のJimdoCafeを運営するなど、Webサイトを多くの人にもっと身近に感じてもらうべく活動中。

著書に『WebデザイナーのためのJimdoスタイルブック』(共著、マイナビ)。

  • はじめてWEB 読も読もキャンペーン「テーマ別セレクト本」プレゼント!
  • 「はじめてWEB」でホームページをはじめよう!
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを50,000円(税抜)でリニューアル!
  • 問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール
  • 文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ!まとめてオフィス

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

Jimdo逆引きコラム週間アクセスランキング[期間:2017/9/17~2017/9/23]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業の開業スケジュールから、融資申込に必要な書類までをカンタン作成

  • 経理通信

    経営者と経理ご担当者必見!中小企業・小規模事業者のための経理サポートサイト

  • まとめてオフィス

    文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ

  • フリーコールS

    問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール

  • auオフィスナンバー

    事務所開設するなら固定電話番号で信頼アップ
    今ならキャンペーン実施中!