スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. Jimdo逆引きコラム
  3. Jimdoの基本操作
  4. 新しいページを「定型ページ」から作る

Jimdo逆引きコラム

Jimdoの基本操作

新しいページを「定型ページ」から作る

執筆:野崎 晃(株式会社デック)

2016年7月8日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数777views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

はじめてWEBはさまざまなコンテンツを組み合わせてホームページを作成していきます。
新しいページを作成すると、ページの中身は何も無い状態からスタートになるため、ひとつずつコンテンツを追加してページを作っていく必要があります。その手間を省くことができるのが「定型ページ」です。

定型ページを利用すれば、あらかじめ用意されている様々な配置のページの文章や画像を差し替えるだけで簡単にページを作っていくことができます。

まずはナビゲーションにカーソルを合わせ「ナビゲーションを編集」ボタンをクリックして、ナビゲーションの編集欄を表示します。

編集欄の下部にある「新規ページを追加」ボタンをクリックします。

編集欄の一番下に追加された「新規ページ」というページのタイトルを追加したいページのタイトルに書き換えて「保存」ボタンをクリックします。ここでは例として新たに「お問い合わせ」のページを追加します。

ナビゲーションの一番最後に、「お問い合わせ」のメニューが表示されるようになりますので、このページをクリックして表示します。

ページに「空白ページ?オリジナルページを作成、または定型ページを利用する」という枠が表示されます。定型ページを利用する場合は「定型ページを利用する」ボタンをクリックしてください。定型ページを利用しないでひとつずつコンテンツを追加してオリジナルのページを作成して行く場合は「コンテンツを追加」ボタンをクリックしてください。

「定型ページを利用する」ボタンをクリックすると様々な用途に合わせた定型ページが表示されます。
定型ページには「ホーム」「概要」「サービス」「お問い合わせ先」「画像」というカテゴリーが用意されているので、必要に合わせたカテゴリーを選択してください。

ここでは、この中から「お問い合わせ先」の定型ページを選びます。

いくつかのお問い合わせページのパターンが表示されますので、その中から好きなものを選んでクリックしてください。

選んだ定型ページの内容がページ内に反映された状態が確認できます。「この定型ページを利用しますか?」という確認が表示されますので、その定型ページを利用する場合は「決定」ボタンをクリックしてください。

ページに定型ページの内容が反映されます。
この内容を書き換えたり、必要なコンテンツを追加、または不要なコンテンツを削除するなどしてページを作成してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

野崎 晃(のざき・あきら)

野崎 晃(のざき・あきら)

株式会社デック 代表取締役/JimdoExpert
http://s-deck.jp/
http://jp-m.jimdo.com/

愛知県名古屋市を拠点に活動するWeb制作の会社の代表。
2009年Jimdoに出会い、より多くの人にJimdoの便利さ/楽しさを伝えるべく解説ページ「Jimdoでつくる簡単ホームページ!」を開設。JimdoJapan公式のJimdoCafeを運営するなど、Webサイトを多くの人にもっと身近に感じてもらうべく活動中。

著書に『WebデザイナーのためのJimdoスタイルブック』(共著、マイナビ)。

  • 1年間無料

    「はじめてWEB」でホームページをはじめよう!
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを今なら45,000円(税抜)でリニューアル!

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

Jimdo逆引きコラム週間アクセスランキング[期間:2017/2/12~2017/2/18]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業での開業スケジュールから融資申込に必要な書類が作成できるサービスです

  • 経理通信

    中小企業・小規模事業者の経営者と経理担当者のための経理サポートサイト