スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. 活用事例
  3. cafe' de 紅緒 岡山県

活用事例

城下町高梁が持っているストーリーを活かして

cafe' de 紅緒岡山県

2015年2月5日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数2,884views

この事例をPDF形式でダウンロードする

町家をカフェ&オープンスペースに

-cafe' de 紅緒のことを教えてください

2009年にオープンしたカフェです。高梁市は今でも江戸から大正にかけての古い町並みが残っているのですが、維持して保存するのも大変です。大正時代に建てられたこの建物も、以前の所有者から引き継いだモノなんです。
古い建物の良さを活かしつつ、地域の活性化のために役立てるには、どうやって活用したらいいか考え、カフェ&オープンスペースとして営業することにしました。

この街のストーリーの役に立てれば

-お客さんは観光客の方が多いんですか?

備中松山城が「天空の城」として注目されて、観光客のお客さんも増えてきたように感じます。ただ経由地になっているようなので、もっとゆっくり来てもらいたいですね。
これからの世の中、効率性・利便性も必要ですが、それ以上に「癒やし」とか「つながり」も大事だと考えています。ここに来れば昔の人の息づかいが感じられるような場所にしたいと思っています。

高梁の城下町の街並みは、観光地として整備されたものではなく、人の生活が感じられる街並みですので、街並み全体が持っているストーリーの一環として、役に立てればいいですね。

更新できないホームページじゃダメ

-これまでにホームページを作ったことは?

実はホームページを最初に相談したのはいわゆる「プロ」の方なんです。コンテンツなどを用意して、一緒に考えて素敵なホームページを作りたかったのですが、著作権などの制限があること、制作費、維持費が思っていたよりかかること、自分で更新もできないのではホームページとしてダメだな…と考えて、断念していました。その後、色々と調べた結果、いちばん使いやすかった「はじめてWEB(Jimdo)」を使ってみることにしました。できることと、やりたいことがマッチしていたんです。

どんな情報を伝えるか。それ以外は…

-ホームページの運用で意識していることは?

お客さんに「どんな情報を伝えるか」が大事ですね。とくに私たちの場合、最終的には対面での接客になりますので、来店のために役立つ情報は何か?を考えて情報発信をしています。そのためにソーシャルメディアも活用しています。極端に言うとそれ以外は考えていないですね(笑)。

自分が持っているコンテンツを磨く!

-最後に、これから「はじめてWEB(Jimdo)」をはじめる方にメッセージを

どんなに素敵なホームページをつくってもアクセスしてもらえないと意味がありません。他との違いを明確にして、わかりやすく伝えること。なにより自分が持っているコンテンツを磨くことが大事だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本コンテンツは、掲載時点の内容となります。「みんなのビジネスオンライン」は「はじめてWEB」にお読み替えいただきますようお願いいたします。

この事例をPDF形式でダウンロードする

cafe' de 紅緒 ホームページ

cafe' de 紅緒

住所:岡山県高梁市南町43
TEL:086-622-1205
ホームページ:http://www.beniwo2009.com/

同じエリアにはこんなユーザーも!

一覧へ戻る

あなたのビジネスの取材にうかがいます!はじめてWEB 活用事例 取材先募集中!

はじめてWEB 活用事例では「はじめてWEB」で頑張っている皆さんの
ビジネスを紹介しています!

  • ※はじめてWEB・みんなのビジネスオンラインでJimdoホームページを作成された方が対象となります。
  • ※はじめてWEBからの取材には、取材費や掲載料などは一切発生しません。
  • ※応募いただいても取材できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※応募内容を審査し、取材先として適当と判断した場合に限り、折り返しご連絡をさせていただきます。

ドメイン

サイト名

メールアドレス

連絡先

PRポイント

確認する