スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. 活用事例
  3. 一楽旅館 広島県

活用事例

昭和の遊郭のおもかげを残した純和風旅館

一楽旅館広島県

2012年7月25日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数5,653views

この事例をPDF形式でダウンロードする

高度経済成長期に賑わえど…時代の波には勝てず

-一楽旅館について聞かせてください。

この建物は、昭和25年に建てられた遊郭なんですよ。その後、昭和33年に私の両親が旅館として改装してスタートしたのが、一楽旅館の始まりです。その頃ちょうど高度経済成長期で、建築関係の作業員向けの長期逗留型旅館として賑わっていました。最近は、この界隈にもビジネスホテルやシティホテルなどがたくさん出来ましたので、ほとんど休業状態になっていましたね。

母の仕事に対する思いを「みんビズ」で!

-みんビズでホームページを作ろうと思ったキッカケは?

正直なところ、ビジネス的には駐車場にでもしたほうが儲かるんですよ。ただ、母も自分のやってきた仕事に対する思い入れもありますし、この旅館は生きがいでもあると思うんですよね。…とは言え、固定資産税もかかるし、経費もそれなりにかかるんです。そこをどうやって稼ぐかが課題になっていたんですね。そんなときに「みんなのビジネスオンライン」を知ったんですよ。

一楽旅館
昭和の遊郭のおもかげを残した純和風旅館

ホームページを活用して驚くほどの効果

-ホームページを立ちあげてどんな効果がありましたか?

ホームページを立ちあげて、しばらくはリスティング広告を利用して集客していたんですね。検索すれば上部に表示はしますが、なかなか予約に繋がらなかったんです。そんなときに宿泊予約ASPから案内があって、試しにゴールデンウィーク中の「フラワーフェスティバル」の期間に部屋を提供してみたんです。そしたら驚くほど予約が入ってビックリしました。

一楽旅館のコンセプトをわかってくれるお客さんに来て欲しい

-ホームページを持つことで、まだまだ需要があると分かったわけですね。

ただ、おかげさまで予約は入るようになったんですが、ビジネスホテルや観光旅館に泊まる感覚でお客さんが来られると、築60年以上の木造和風旅館ですし、施設面で期待に添えないことになります。私たちは一楽旅館を昭和の文化施設として維持していきたいという気持ちが強いので、そういった面でのミスマッチがあるとお互いに不幸ですね。

-ホームページをどのように活用していきますか?

私たちがどんなコンセプトで旅館を維持し、どんなお客さんに来て欲しいかをちゃんとアピールできるのがホームページの良い所ですよね。そんな宿が求められていないなら仕方ないですが、そんな宿を探しているお客さんがいれば、こんなに良いツールは他に無い思います。

思った以上に大変ですよ(笑)

-これからみんビズをはじめる人にメッセージを。

私も、みんビズでホームページを公開してみてはじめて分かったんですが、ホントに情熱とパワーが要りますね。情報をどんどん出していかないホームページとして意味が無いと思ってますが、普段の仕事もやりながらホームページの運営をやるのは本当に大変ですよ。でも、やればやっただけの反応があるので、やりがいはありますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本コンテンツは、掲載時点の内容となります。「みんなのビジネスオンライン」は「はじめてWEB」にお読み替えいただきますようお願いいたします。

この事例をPDF形式でダウンロードする

一楽旅館 ホームページ

一楽旅館

住所:広島県広島市中区西平塚町2-19
TEL:082-244-2028
ホームページ:http://www.1-raku.jp/

同じエリアにはこんなユーザーも!

一覧へ戻る

あなたのビジネスの取材にうかがいます!はじめてWEB 活用事例 取材先募集中!

はじめてWEB 活用事例では「はじめてWEB」で頑張っている皆さんの
ビジネスを紹介しています!

  • ※はじめてWEB・みんなのビジネスオンラインでJimdoホームページを作成された方が対象となります。
  • ※はじめてWEBからの取材には、取材費や掲載料などは一切発生しません。
  • ※応募いただいても取材できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※応募内容を審査し、取材先として適当と判断した場合に限り、折り返しご連絡をさせていただきます。

ドメイン

サイト名

メールアドレス

連絡先

PRポイント

確認する