スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. 活用事例
  3. 造園 本橋園 東京都

活用事例

庭造りと木々の手入れで、心地よい空間をつくる

造園 本橋園東京都

2015年7月31日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数2,160views

この事例をPDF形式でダウンロードする

お客さまに喜ばれることが、自分自身の喜び

-造園 本橋園さんについて教えてください

20年近く前に会社勤めを辞め、古くから造園業を営む父親の跡を継ぎました。剪定から造園、玄関アプローチなどの外構に関することまで、すべてやっています。早くて丁寧な仕事を心がけ、お客さまに喜ばれることを自分自身の一番の喜びとしています。お客さまは年配の方が多いですが、最近では若い方が新しく家を買って木を植えるというケースもあります。お客さまからの紹介のほか、電話帳やホームページを見て電話をいただくことが多いです。

お客さまが減ってきて、自分で更新できるホームページをつくろうと思った

-ホームページをつくったきっかけは、何でしたか?

ホームページは以前に友人につくってもらったものがあったのですが、お客さまが多かった時は重視していなかったのです。つくってもらったホームページは、難しくて何も触れなかったですし。ところが、お客さまの代変わりや、私が拠点を今の調布に移したことで、以前住んでいたエリアのお客さまから電話が来なくなってしまいました。それで3年前に、自分で更新できるホームページをJimdoでつくりました。

-みんなのビジネスオンライン(Jimdo)を利用するきっかけは、何でしたか?

ホームページを自分でつくれて、無料で始められるものを探していて出会いました。さわってみたらつくりやすく、すぐに「これなら自分でできる」と感じたので決めました。自分で更新できるというのが一番の理由です。無料で使い勝手を試せるのもとてもよかったです。

セミナーで得たことを、ホームページにコツコツ反映

-今年になってホームページを大きく改修されたそうですが、それはなぜですか?

3年前につくったときは、あまり丁寧につくれず反響がありませんでした。その後、ホームページ制作会社の無料セミナーに参加して、検索してもらうために何を書くか、サイトをじっくり見てもらうためにどういうページにするべきか、ということを学んだのでそれを実践しようと思いました。

-ホームページ検索の改善策として、どんなことがわかったのですか?

たとえば、検索上位にくるようにするには「いろいろなことができます」というアピールではだめで、「何が売りなのか」、ポイントを絞らなければならないこと、メニューはシンプルにしつつその中で各ページの情報に飛べるようにすることなどです。また、メニューではなくページ数を増やすと、それだけ大きいホームページだと認識されて検索上位にきやすくなることや、サイトの訪問はトップページからとは限らず、さまざまなキーワードで検索されてトップページ以外からも訪問されるものなので、情報(ページ)を増やしてキーワードを多く盛り込むと訪問されやすくなるといったことも知りました。

-ホームページの内容として、改善したのはどんなことですか。

最初は顔写真も出さず、自分のことも語っていなかったし、あれもできる、これもできるといろいろ語っていましたが、それでは何も伝わらないのだと感じました。それでまず、検索されるためのサイトのキーワードを「剪定」に絞りました。また、私の仕事は本来「造園業」ですが実際によく頼まれるのは剪定なので、「剪定」の方を売りにしてホームページをつくるようにしました。

そのほか、顔写真を載せて自分がどういう人間なのかを詳しく載せたり、不安に思われがちな料金について、必ずお客さま宅にうかがって事前に見積もることをきちんと説明したり、実績紹介として写真をたくさん載せたりするようにしました。どれも、安心感をもってほしいと思ってやったことです。

「自分のこと」を伝えて感じた、受注の手応え

-ホームページを改善して、どんな手応えがありましたか?

改修前と後では圧倒的にアクセス数が増えました。アクセスの数自体が多いと言えるかわかりませんが、アクセスされたうちの1割強は受注できていて、アクセス数の割に歩留まりはいいと思います。ホームページを見て電話をいただき見積もりをした後に、お断りされずにすんなり仕事が決まるのは、あらかじめホームページで自分のことを伝えているからではないか、と手応えを感じ始めています。

ホームページをJimdoでつくって改善してからは、仕事の内容にもお客さまの層にも変化が見えてきました。改善して本当によかったです。今後も、名前さえ覚えておいてもらえれば検索してまたホームページを見てもらえ、仕事がつながっていくのではという期待があり、ホームページをもつことには意味があると思っています。

-今後、ホームページをどうしていきたいと考えていますか?

まだ伝えたいことを十分伝えきれていないのですが、今後はもっと庭造りの楽しさを感じてもらえるようにしたいです。お客さまがホームページを見ることで、ご自身の庭に夢を描いていただけるような、そんなホームページにしたいと考えています。

自分のことをよく知ってもらい、安心してもらえるホームページにする

-最後に、これから「はじめてWEB(Jimdo)」をはじめる方にメッセージを

「売りたい」という気持ちだけではだめで、自分のことを見えるようにして「どんな人なのか」をきちんと伝え、安心してもらうことが大切だと思います。商品を売る仕事では商品を見せることが大事ですが、形がないものを売る仕事でも、仕事ぶりを紹介することはとても大事だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本コンテンツは、掲載時点の内容となります。「みんなのビジネスオンライン」は「はじめてWEB」にお読み替えいただきますようお願いいたします。

この事例をPDF形式でダウンロードする

造園 本橋園 ホームページ

造園 本橋園

住所:東京都調布市深大寺北町5-12-4
TEL:0120(972)160
ホームページ:http://www.zoen-motohashien.jp/

同じエリアにはこんなユーザーも!

一覧へ戻る

あなたのビジネスの取材にうかがいます!はじめてWEB 活用事例 取材先募集中!

はじめてWEB 活用事例では「はじめてWEB」で頑張っている皆さんの
ビジネスを紹介しています!

  • ※はじめてWEB・みんなのビジネスオンラインでJimdoホームページを作成された方が対象となります。
  • ※はじめてWEBからの取材には、取材費や掲載料などは一切発生しません。
  • ※応募いただいても取材できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※応募内容を審査し、取材先として適当と判断した場合に限り、折り返しご連絡をさせていただきます。

ドメイン

サイト名

メールアドレス

連絡先

PRポイント

確認する

  • 1年間無料

    「はじめてWEB」でホームページをはじめよう!
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを今なら45,000円(税抜)でリニューアル!

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業での開業スケジュールから融資申込に必要な書類が作成できるサービスです

  • 経理通信

    中小企業・小規模事業者の経営者と経理担当者のための経理サポートサイト