スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. ホームページづくり初心者のためのコミュニケーション術 ~「伝える」から「伝わる」に進化させるコツ~ : 第1回 あなたのコミュニケーション相手は…どなた?

エキスパートコラム

ホームページづくり初心者のためのコミュニケーション術
~「伝える」から「伝わる」に進化させるコツ~(全6回)

第1回:あなたのコミュニケーション相手は…どなた?

執筆:河合 義徳(有限会社バックステージ)

2014年4月28日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数5,423views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

「ホームページをカッコよくして集客しても、なかなか反応がない」…神戸と大阪のJimdoCafeでは、このようなご相談も多く耳にします。事業者の伝えたいことが、ホームページ訪問者に伝わっていないようですね。

この悩みを持つ方には、1つの共通点があります。

それは、ご自身の事業の『大切な部分の整理』をしないままホームページに取り組んでいるという点です。その一方、ホームページを「自分でつくる自信がない」と、なかなか前に進められない方であっても、まずは『大切な部分の整理』から始めていただくことで、出来上がりの時点で「伝わりやすいホームページ」になっている例もあります。

この連載では、「成果が上がる」をテーマに神戸と大阪でJimdoCafeを運営している経験を踏まえ、「大切な部分」とは何なのか…、どのように整理していくとホームページ運営が楽しくなるのか…「コミュニケーション術」の基本を綴ります。

Step1 ~そもそも何のためのホームページ?~

具体的な整理に入る前に、まず、しっかりと捉えていただきたいことがあります。
それは、ご自身のご商売にとって、「ホームページは何のためにあるのか」ということです。私たちは、これを「目的」と「役割」の2つで捉えています。

1つ目の「目的」ですが…それは、どなたもお気づきの「成果を出す」ということですね。

  • 店舗へのご来店や、ネットでの商品受注につなげる
  • 商品およびサービス内容の詳細や、人材採用についてのお問い合わせにつなげる

…ということです。

実は…「これはいったい…どういう成果を求めているのか?」と思える不明瞭なホームページが、大手企業でも少なくありません。まずは、ホームページからどのような成果を出したいのか…その目的は、必ず明確なものにしておきましょう。ホームページが、存在するだけの「自己満足」で終わらないためにも、とても大切なことです。

2つ目の「役割」とは…それは、「ご自身の事業について客観的整理の良い機会にする」ということです。

「経営者自らがホームページをつくる」ということが、従業員さんも含め、事業方向性の「整理・確認」ができる良い機会になります。この機会は、小規模事業者さんこそ、前向きに捉えていただきたいのです。その結果、経営者がホームページづくりの存在を軽視して、担当者任せだけとなっている大手企業よりも、「伝わるホームページ」に進化する可能性が高く、成果も上がりやすくなります。

さて、「客観的に整理する」…これは難しく考えすぎず、シンプルに考えるところから始めてください。私たちのJimdoCafeにも、「自分の事業が上手く表現できない」と悩む方が来られますが、その時にも、必ずお聞きしているシンプルな質問が、整理の一歩目になります。

「もともとこのご商売は、どういうキッカケで、どういう想いで始められたのですか?」

皆さんから、この問いに対して、口頭であれば、とてもわかりやすいご説明であることが多いんですね。さらに、そのご商売が、顧客の共感につながる「新たな価値創造」を大きく秘めていると感じた時には…感動を覚えることもあります。大切なのは、口に出してみる、紙に書き出してみるというアウトプットなのかもしれません。

そこには、ホームページ訪問者に「伝えるべきポイント」となるキーワードが散在していることがよくあります。しかし、その明確なポイントが、現状のホームページには表現されていなかったり、奥のほうのページに隠れてしまったり…ということが多いのです。

皆さんも、ホームページづくりに取り組む前に、走り書きのようなラフなスタイルや箇条書きでも構いませんので、紙面に書き出してみるところから始めてみませんか?そこから見出したキーワードの整理こそが、伝わりやすいホームページへの近道になります。

このように、コミュニケーション能力の向上の一歩目は、外部(顧客)との接触ばかりに意識を置くのではなく、ご自身…時には従業員さんとのコミュニケーションも大切というわけですね。
こうしたことを、ホームページづくりの基本とした上で、次のステップに進みましょう。

Step2 ~まずは「何屋さんなのか」を一言で表しましょう~

キレイなデザイン、効果的なキャッチコピー、見やすいページや画像の構成、集客の工夫など…これらは、ホームページに訪れたお客様とうまくコミュニケーションを図るために、確かに大切な要素です。しかし、Step1で述べた大切なポイントを整理しないままこれらの要素ばかりにこだわっても、なかなか成果は出ません。

仮に、リスティング広告などによって初めてホームページへ来られた方がいたとします。しかし、このお客様に「キレイなホームページのようだけども…ところで…ここは何屋さん?」と思われてしまうと、すぐに出て行かれます。成果が表れにくい理由の初歩的な状態です。
この「何屋さん」なのか…。もっと掘り下げていくと「いったいどういう業種?」ということすらわかりにくい状態では、なかなか「お店の奥」には入っていただくことはないでしょう。

ここで、皆さんも下の文章を埋めてみてください。

どなたでも判る一言で「○○屋さんです。」と言い切れることが大切です。
「いえいえ、うちなんて簡単に○○屋って言えますよ」…という方もおられるでしょう。それがどんな方でも理解できる一言で表せない方も多い中、「△△屋さんであり○○屋さんでもある」…ではなく、たった一言で「○○屋さん」と表現できていれば、Step3へ進みましょう。

Step3 ~ホームページづくりから見えてくること~

次のステップでは、あなたの「お客様」のことを整理してみましょう。
それは、『自分の仕事は、どこにおられるどんなお客様にどのように喜んでいただくためのものか』をしっかり整理することです。

「どこ」…どの地域に向けて、どの業界に向けて、どの属性に向けてのことなのか
「どんな」…ホームページ訪問者は、自分達に、具体的に何を求めているか
「どのように」…どのような状態にすれば訪問者に喜ばれるのか

これを整理した上で、以下の文章を簡潔明瞭に語れるようにしてみましょう。

これを一言で語ることは、カンタンなことではありません。随分と長く語らないといけないような場合もあるでしょう。

しかし、一言で表せる状態になるまで、何度でもブラッシュアップされることをおススメします。従業員さんと一緒に考えてみるのも有意義なやり方ですね。

とにかく、ここを曖昧にしたままでは、デザイン性やキャッチコピーなども中途半端な状態になってしまい、「伝わる」ホームページには近づきません。

まとめ

経営者自らがホームページを制作・運営に関わることは、とても大きな意味があります。

経営者ご自身の事業方向性が、顧客だけでなく、従業員にもわかりやすいものだったかどうかを知るとても良い機会になります。そして、それこそが「伝わるホームページ」への一歩目となります。
「ホームページづくりは大変」と敬遠せず、ご自身の「頭と心の整理」から取り組んでみませんか?今まで成果が上がっていない方も、これから制作される方も、ぜひここから始めてみてください。

なお、Jimdoには、「検索エンジンに対する設定」としてSEOの箇所に、164文字まで記載できる「説明」という箇所があります。できればココもあまり長くなり過ぎず120~140字くらいに留めるのが理想ですが、「どこにいる、どのようなお客様に、どのように喜ばれる○○屋さん」の整理さえできていれば、的確に表現しやすくなりますね。

次回は、リアル店舗での接客とホームページ上でのコミュニケーションの違いについて整理します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

河合 義徳(かわい・よしのり)

河合 義徳(かわい・よしのり)

有限会社バックステージ 代表取締役/JimdoEvangelist
http://backstage-inc.jimdo.com/

大阪市を拠点に活動する事業カウンセリングの会社代表。
金融業界を経て、2002年に有限会社バックステージを設立。小規模事業者向けに、潜在的マーケットの開拓、組織運営円滑化、資産の再活性化など、事業バリューアップの支援を行う。JimdoExpertの近藤光央氏と共同で、神戸と大阪において「成果が上がるホームページ」をテーマとした「JimdoCafe」も運営中。現在までの利用者は500名を超える。

  • はじめてWEB 読も読もキャンペーン「テーマ別セレクト本」プレゼント!
  • 「はじめてWEB」でホームページをはじめよう!
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを50,000円(税抜)でリニューアル!
  • 問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール
  • 文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ!まとめてオフィス

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

コラム週間アクセスランキング[期間:2017/10/8~2017/10/14]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業の開業スケジュールから、融資申込に必要な書類までをカンタン作成

  • 経理通信

    経営者と経理ご担当者必見!中小企業・小規模事業者のための経理サポートサイト

  • まとめてオフィス

    文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ

  • フリーコールS

    問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール

  • auオフィスナンバー

    事務所開設するなら固定電話番号で信頼アップ