スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. ECサイトあれこれ :「いまだから話せる、繁盛ショップの大失敗」 桃源郷

ECサイトあれこれ

「いまだから話せる、繁盛ショップの大失敗」 桃源郷

2012年9月26日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数6,409views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

「いまだから話せる、繁盛ショップの大失敗」桃源郷

本日は、「桃源郷」というオークションサイトをはじめ、メンズファッションの「白金ボディバター」、ベビー用品の「アイラブベビー」など、様々なネットショップを運営する桃源郷株式会社の経営者、 大橋 淳(おおはしあつし)さんにお話をうかがいます。

大橋さんが経営するネットショップを、ご紹介いただけますか

当社は現在13カテゴリの商材を扱っていまして、それぞれ別のブランドでショップ運営をしています。ブランド毎に楽天、Yahoo!、独自ドメインと複数店舗の展開をしていますので、かなり多くの店舗を運営していることになりますね。

ネットショップ

会社のミッションは、「世の中に、インターネットネットショップの利便性と楽しさを。」ということでして。ショップがひとつである必要はないと考えています。ネットショップのバックヤードは共通化して、経営効率を上げつつ、フロントのブランドは多様化させていこうという考えです。 ショップのコンセプトは、売れるもの、儲かるものを何でも売れば良い、というのではなく、品揃えにエッジを効かせて、自分たちがセレクトしたり、開発したりした商品をきちんと発信していこうと。そのような考え方で多店舗化しています。

ECを始めた経緯を教えていただけますか

1996年に大学を卒業して、ガーデニング用品の輸入商社に入社しました。ホームセンターの屋外売り場でよく見るガーデニング商品があるでしょう。そこで売っている商品を、ベターライフ、トステムビバ、コウナンといったホームセンターに営業する仕事をしていました。

あるとき、父が病で倒れてしまって実家に戻ったのですが、実家の会社では、ホームセンターむけのウッドデッキやブランコといった商品を中国から大量に仕入れてしまった直後で、この在庫をさばかないと会社は倒産するという状況でした。2000年の夏のことです。

この在庫をどうにかしなきゃ!という状況でしたので、試しに個人でヤフオクに商品を出してみたんです。そうしたら売れたんすよ、すぐに。その後も一日に1~2台売れました。

ネットオークションなら在庫を処分できそうだと感じて、法人でオークションをすることができた楽天に出店することにしました。その後、不良在庫を処分できただけでなくて、新たに仕入れる必要があるくらい売れたので、本格的にやるぞ!っとなったんです。

その後は、順調に事業が拡大したのですね?

いえいえ、とんでもないです。拡大するためには、どうしても人材を確保する必要がありました。多店舗展開するための、エッジの効いた仕入れをするセンスとか、それをショップに展開させる能力とか、さまざまな能力をもった人材が必要だったのですが、実家近辺(岐阜県養老町)ではなかなか確保できませんでした。

「Webデザイナー募集!」ってやると、応募者ゼロ。「PC使える人!」ってやると、「これから覚えまーす♪」って感じのシニアが2名応募、って感じでした。Web系に強い人材募集サイトのFind Jobでは、勤務エリアの分類が「岐阜・三重」でひとくくりになっていました。岐阜と三重が同じ勤務地ってことです。そこで2005年に東京に引っ越しをしました。

人材は、予想どおり採用できましたか?

はい、おかげさまで。でも、その後も人材の問題は無くなりませんでした。実家の事業を承継したとはいえ、事業内容はゼロから始めたベンチャー事業ですので、ベンチャースピリットというか、強いモチベーションがあってはじめて職場は回っていたんです。事業は順調に拡大して人はドンドン増えていったのですが、ベンチャースピリットを期待して、福利厚生なんて全く考えていませんでした。

そうしたら、急に退職者が増え始めたんです。入社して数日で辞める人もいましたし、昔からいた人材もドンドン辞めていくようになりました。バイトでも同じでした。全員で20名程度だったのに、毎月何人かが辞めていくという状況でした。

その状況を打開するために、どうされたのですか?

新卒採用を始めようと考えたのです。そこで、新卒採用セミナーってのに参加してみたんですね。2007年のことです。そのセミナーでは、「新卒学生に選んでもらえる、魅力ある会社になるには」というようなテーマの話を聞くことになり、魅力的な会社の見学にも参加しました。

楽天ショップオブザイヤーになって招待された旅行では、オラクルとかサンマイクロシステムズといった優良企業を見学したのですが、その際も福利厚生のすばらしさに驚きました。そうして「労務」をキチンとしなきゃ、という考えになりました。

それまでは「自由」な社風が売りでした。でも自由って、裏を返すと「いいかげん」ということかも知れません。規則を作って会社らしくしていきました。

新卒にむけた仕組みとしては、教育の充実が挙げられます。最初の3ヶ月で、ビジネスマインド、情報システム、通販の仕組み、物流現場体験、ファイルメーカー活用、プロモーション、チームビルディングといたカリキュラムをこなします。4ヶ月目~6ヶ月目は、2名チームで新規店舗をゼロから立ち上げ運営させます。商品選定から仕入れ交渉、広告宣伝、顧客対応まで全部やらせます。

いまでは、ほとんど人が辞めなくなりました。新卒も毎年3~4名を採用しています。

これからECを始めるひとに向けてメッセージをいただけますか

どんな企業でもそうでしょうが、ネットショップは特に、人材だけが資源です。ですので、私が肝に銘じているのは、

  • 必要な人材を明確にして募集する。たまたまの出会いに依存してはだめ。
  • 教えるべき事を教える。勝手に「出来る」と思い込まない。
  • 勝手に身内だと思い込まない。
    下手をすると在庫が無くなる。させない管理体制が幸せな職場を作る。
  • 会社から従業員への価値提供を明確にする。
  • オペレーションをキチンとする。

ということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

大橋 淳
桃源郷 株式会社 店舗運営責任者

大橋 淳

桃源郷 株式会社 店舗運営責任者

【経歴】

1975年:岐阜県養老郡生まれ。
大学卒業後、全国のホームセンターにエクステリア商材を卸す輸入商社へ就職。
27歳の時、父親の病を期に故郷岐阜へ。
実家業である竹材屋を手伝う傍ら、輸入の経験から大型洋風ガーデンを扱うネットショップ専門会社を設立。「夢のある家庭を」と木製ブランコやウッドデッキなど非現実的な商品を等身大の提案で販売。2004年より多角化を図り、独自システムにて家電・雑貨を扱うオークション店舗をはじめ、今では、ベビー・インテリア・アパレルなど複数の専門店舗を展開。
2008年には、楽天市場22,000店舗中総合グランプリを受賞。

  • はじめてWEB 読も読もキャンペーン「テーマ別セレクト本」プレゼント!
  • 「はじめてWEB」でホームページをはじめよう!
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを50,000円(税抜)でリニューアル!
  • 問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール
  • 文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ!まとめてオフィス

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

コラム週間アクセスランキング[期間:2017/10/8~2017/10/14]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業の開業スケジュールから、融資申込に必要な書類までをカンタン作成

  • 経理通信

    経営者と経理ご担当者必見!中小企業・小規模事業者のための経理サポートサイト

  • まとめてオフィス

    文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ

  • フリーコールS

    問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール

  • auオフィスナンバー

    事務所開設するなら固定電話番号で信頼アップ