スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. 益子貴寛の「これ読も10(テン)」 : 2018年1月号

エキスパートコラム

益子貴寛の「これ読も10(テン)」

2018年1月号

執筆:益子 貴寛(株式会社まぼろし)

2018年1月29日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数669views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

この連載では、個人や中小企業でホームページ制作や運用を担当している人、店舗などを運営しながらホームページづくりに関わっている人に役立つ記事を10個、解説つきで取り上げます。

1. Instagramの企業アカウント492件を分析! 国内企業17業界のデータを分析してわかったこと(Web担当者Forum)

ましこ

今月のイチオシ記事。

Instagramの企業アカウントの実態調査。業界ごとの「フォロワー数」と「エンゲージメント(反応)率」の相関関係がわかりやすくまとめられています。

たとえば、ファッション、メディア、小売り、美容・化粧品は、フォロワー数は多く、エンゲージメント率は低め。一方、外食はフォロワー数はほどほどですが、エンゲージメント率は高めです。両方のバランスがよいのは、食品・飲料。やはりInstagramでは、食べ物の写真がエンゲージメントを集めやすいようです。

また、「業界別Instagram公式アカウントのフォロワー数トップ5」と、エンゲージメント率などの一覧表も掲載。Instagram運用のベンチマークとして活用できます。

2. グーグルSERPのスニペット量が250文字に倍増! SEOで考えるべきことは?【SEO記事12本まとめ】(Web担当者Forum)

ましこ

Googleの検索結果画面(SERP)で、ページタイトルのあとに表示される概要文(スニペット)の量が250文字に増えました。これまでは全角120文字程度だったので、ほぼ倍増です。

概要文(meta description)は検索順位に影響を与えませんが、ユーザーがそのページにアクセスするかどうかの判断材料にはなりえます。

  • 今後は、概要文を長めに指定する
  • クリック率が低いページ(Google Search Consoleで確認)の概要文にテコ入れする

といった方針で運用するのがよいでしょう。

もちろん、記事の最後に書かれているとおり、概要文を指定せず、Googleの自動抽出にまかせるのもひとつの判断です。

3. 10年使えるECサイトのSEOって? ナイルの土居さんと平塚さんに聞いてきた(ECzine)

ましこ

SEO関連の記事を、もうひとつ。ECサイトで求められるSEOの特徴を、ざっくばらんに語っているインタビュー記事です。

「正直、SEO以外のところでがんばったほうがいいんじゃないですか?というのはあります」「URL分けるのは、絶対にやめたほうがいいですね(レスポンシブまたはダイナミックサービシングがよい)」「大手を真似するな」「すっからかんの状態で、とりあえず見た目だけ真似すると崩壊します」といった言葉は、個人的にとても納得できます。

4. 物語の作り方は6つしかないことがビッグデータ解析で判明(MIT Technology Review)

ましこ

なかなか衝撃的な記事タイトルです。

中身を読むとわかるとおり、もうちょっとわかりやすい結論が示されていると思いきや、

  1. 感情値の「一定して継続的な上昇」型
  2. 感情値の「一定して継続的な下降」型
  3. 感情値の「下降から上昇」型
  4. 感情値の「上昇から下降」型
  5. 感情値の「上昇⇒下降⇒上昇」型
  6. 感情値の「下降⇒上昇⇒下降」型

という、ややあいまいな感じではありました。ただ、山があったり谷があったり、その両方があったりと、物語には「起伏」が必要であること、計算をしながらプロット(筋)を作る必要があることが学べるはず。たとえば、危機感に訴えるコンテンツを作る場合、ハッピーな状態から悲惨な状態までを描いてみる(「一定して継続的な下降」型)など。「ハッピーな状態」があるからこそ、「悲惨な状態」がいっそう際立ちます。

このように、ストーリー性が必要なコンテンツを作る際、思い出したい記事として紹介しました。

5. 編集力の内製化は企業の強み。BAKEを支える3人のインハウスエディター(ferret)

ましこ

焼きたてチーズタルトの「BAKE CHEESE TART」、アップルパイの「RINGO」など、次々と注目のデザートを生み出す「BAKE」の3人のインハウス(社内)エディターへのインタビューです。

たとえば、オウンドメディア「THE BAKE MAGAZINE」では、どのようにテーマを考え、どのようなプロセスで記事にしているかが紹介されています。「後ろで喋ってる、あ、そろそろ動き出してるなとか、あれ、遅れるんだとか、早まるんだみたいなものとか。社内のざわめきを後頭部で感じながら(笑)」という発言に、インハウスエディターの利点が凝縮されている気がします。

なお、インタビューの中でたびたび話に出てくる社長(現会長)の長沼真太郎さんは、北海道の有名菓子店「きのとや」の跡継ぎ。父親と同じ菓子業界を選びながら、まったく異なるアプローチでチャレンジをつづけている方です。

6. デザインを育てる、ということ(Urakami Design Studio)

ましこ

東京オリンピックを2020年にひかえ、あらためて考えておきたい視点です。

記事では、非常口のピクトグラムが文字ありから文字なしになっていきている経緯を、「デザイン、特に情報を伝えるためのデザインは、文化の共有があって初めて、力を発揮するのではないか?」と分析しています。

個人的にも、付き合いの長いクライアント企業から、ウェブデザインだけではなく、ロゴデザインやCI(Corporate Identity)の相談を受けることがあります。その企業の「文化」をきちんと理解することが、こういった仕事を進める上で大切だと実感しています。

7. 健食・美容の広告担当者は必見! 「医薬品等適正広告基準」改定のポイントまとめ【全部で14点】(ネットショップ担当者フォーラム)

ましこ

ECに関わる人はきちんと読んでおきたい記事。

2017年9月施行の「医薬品等適正広告基準」の改定に関して、覚えておきたい14の変更点をまとめています。

特に気になったのは、次の変更点。

  • 効能効果を1つだけ表示することが可能に
  • 特定の年齢性別が表示可能に
  • 使用前後のイラストや写真が可能に
  • 医薬品で「売上No.1」が不可に
  • 「新発売」「新しい」は12か月使用可能に

全体として、表現の「可能」と「不可」の線引きが、より明確になされた印象です。

8. 〈調査報告〉インターネットの利用環境 定点調査(2017年下期)(LINE Corporation)

ましこ

スマートフォンの利用実態について、LINEが行った調査です。

職場・学校利用を含む週1回以上のインターネット利用者で、15歳から59歳までを調べたところ、

  • スマホのみ 46%
  • スマホ+PC 39%
  • PCのみ 7%

という、「モバイルファースト時代」を裏づける結果となりました。

また、スマホの機種については、iPhoneがAndroidよりも優勢で、特に10代と20代は圧倒的にiPhone派。海外では「iPhoneは値段が高く、Androidは安い」ので、Androidのシェアが維持されていますが、日本ではそれほど変わらないのでiPhoneのシェアが高い、という意見があります。ご参考まで。

9. デザイン初心者でもできる?プロっぽいバナーのコツ(April Design)

ましこ

デザイナーではないけど、バナー画像を作らなければ、という人に参考になる記事です。

  • 数秒では伝わりにくい(情報過多を避ける)
  • 色を使いすぎない
  • 文字サイズや書体(フォント)は多用しない
  • 訴求力を高める工夫を(コピーに凝る)

といった点は、バナー制作に関わらず、グラフィックス系の作業全般に役立つポイントです。

10. 高品質のままJPEG画像のファイルサイズを圧縮したいなら、Photoshopの書き出しを使おう(ぱくたそ公式ブログ)

ましこ

ウェブサイトの表示速度には、画像(特に、大きなサイズの写真)が大きく関わっています。画質を保ちながら、できるだけ小さな容量の画像にしておきたいものです。

この記事では、画像編集や圧縮のための便利ツールにはいろいろありますが、王道中の王道「Adobe Photoshop」がもっとも優れていることを検証しています。

ほかのツールもリンクつきで紹介されていますので、ぜひ試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

益子 貴寛(ましこ・たかひろ)

益子 貴寛(ましこ・たかひろ)

株式会社まぼろし 取締役CMO
https://maboroshi.biz/

1975年、栃木県宇都宮市生まれ。早稲田大学大学院商学研究科修了。
Webサイトのコンサルティング、企画・設計、制作業務、教育、執筆活動に従事。社団法人 全日本能率連盟登録資格「Web検定」プロジェクトメンバー。元・金沢工業大学大学院 工学研究科(東京・虎ノ門大学院) 知的創造システム専攻 客員教授。

主な著書に『Web標準の教科書』(秀和システム)、『伝わるWeb文章デザイン100の鉄則』(同)、『現場のプロから学ぶXHTML+CSS』(共著、マイナビ)など。
2017年5月、企画・構成から監修、執筆まで総合的に関わった書籍『ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 3 Webディレクション 第3版』(ワークスコーポレーション)が発売。

いちばんよくわかるWebデザインの基本きちんと入門 (Design&IDEA)

  • 「はじめてWEB」でホームページをはじめよう!
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを50,000円(税抜)でリニューアル!
  • 問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール
  • 文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ!まとめてオフィス

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

コラム週間アクセスランキング[期間:2018/5/13~2018/5/19]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業の開業スケジュールから、融資申込に必要な書類までをカンタン作成

  • 経理通信

    経営者と経理ご担当者必見!中小企業・小規模事業者のための経理サポートサイト

  • まとめてオフィス

    文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ

  • フリーコールS

    問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール

  • auオフィスナンバー

    事務所開設するなら固定電話番号で信頼アップ