スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. 益子貴寛の「これ読も10(テン)」 : 2018年5月号

エキスパートコラム

益子貴寛の「これ読も10(テン)」

2018年5月号

執筆:益子 貴寛(株式会社まぼろし)

2018年5月21日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数597views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

この連載では、個人や中小企業でホームページ制作や運用を担当している人、店舗などを運営しながらホームページづくりに関わっている人に役立つ記事を10個、解説つきで取り上げます。

1. いつまで同じような投稿をしているの? あなたのSNSの投稿はもう時代遅れかも(マーケティングコンサルタント藤村正宏ブログ)

ましこ

今月のイチオシ記事。

FacebookやTwitterなどで、フォロワーからの反応が悪くなってきていることは、多くの人が感じているでしょう。具体的には、投稿に対する「いいね!」が数年前と比べて少なくなっている、自分のタイムラインに売り込み的な投稿が表示されにくくなっている、といったことです。

筆者の藤村さんは、SNSのアルゴリズムが身近な人とのコミュニケーション重視になったのだから、ビジネスでのSNS活用も顧客とのコミュニケーションや関係性を重視しなければならない、と述べています。

SNSのビジネスモデルは「情報をたくさんの人に届けたいならば、広告を使ってください」ということであり、このような藤村さんの意見と表裏一体です。また、SNSの種類が増え、それぞれに割く生活時間が分散したことも、「反応の悪さ」という印象の一因でしょう。

とにかく、SNS活用には、フォロワーとの対話などの「マメさ」が、これまで以上に求められるようになったということです。

2. 新人に読ませておきたい「グーグルSEOでやったら本当にヤバいこと」【SEO記事12本まとめ】(Web担当者Forum)

ましこ

通常のウェブサイト運営では、ユーザーに役立つ情報発信コンテンツづくりに注力することが大切であり、SEO(検索エンジン最適化)は特に意識しなくてもよい時代です。

ただし、「攻め」ではなく「守り」のSEO、つまり「検索エンジンからの評価を下げないための取り組み」については、新人に限らず、クライアント担当者などにも理解してもらいたいところ。そのもっとも基本的なものが、Googleが提供している「ウェブマスター向けガイドライン」の不正行為リストです(元のページはこちら)。

経験のない人にとっては理解できない項目もあるはず。具体例などを補足しながら説明すると親切です。

3. Googleのジョン・ミューラーにSEOに関する疑問を何でも質問してみた #BrightonSEO(海外SEO情報ブログ)

ましこ

引きつづき、SEOの記事を。こちらは中級者以上向けです。

4月26日と27日に、イギリスのブライトンで開催された「BrightonSEO 2018」で、Googleのジョン・ミューラー氏が登壇したセッションのレポート。以下の話題について、わかりやすくまとめられています。

  • MFI: モバイルと PC のコンテンツ差異
  • MFI: 隠れているコンテンツ
  • MFI: モバイルからのアクセスが少ないサイト
  • アルゴリズムをすべて把握している Google 社員
  • ナレッジグラフのデータ提供
  • 新 Search Console
  • トップストーリー
  • 低品質コンテンツ・重複コンテンツ
  • リンクの否認
  • リンクの最適化

ミューラー氏の「モバイルでは、タブや展開を使わずにすべてを見せるのは難しいことはわかっている。非表示にしても不利な点はない」「良いリンクと悪いリンクの両方が多くのサイトには普通は張られているもの」といった発言からも、SEOではテクニカルなことを過度に気にしなくてもよいことがわかります。

4. マーケティングオートメーションとCRMの違いをわかりやすく解説(SATORI マーケティングブログ)

ましこ

B2B企業向けの記事です。

ここ数年で「マーケティングオートメーション(MA)」という言葉を頻繁に聞くようになりました。一方、従来からある「CRM(Customer Relationship Management、顧客関係管理)」とどのように異なるのかは、なかなかわかりにくいところ。

この記事では、MAをマーケティング(顧客の獲得から育成まで)、CRMをセールス(商談や顧客維持)と位置づけながら、両者の違いをわかりやすくまとめています。

ツールやオプション機能を選ぶ際、どちらかに強いタイプか、それともバランス型か、といった判断に役立つでしょう。

5. 全Web担当者が5月24日までに確認しておくべきGoogleアナリティクス[データ保持]設定の真実(Web担当者Forum)

ましこ

アクセス解析界隈で話題となっている、Googleアナリティクスの「データ保持」問題。

5月24日までに設定を変更しておかないと、デフォルト(初期設定)の「26か月」が適用されてしまい、古いデータをもとにした分析ができなくなる可能性があります。

私もアクセス解析の仕事をしていますが、通常は直近1年間のデータが見られれば充分です。ただし、昨年度と一昨年度を比較する場合、解析する時期によっては26か月では足りない可能性があります。

みなさんも、もし必要であれば、この記事を参考に「26か月」から「自動的に期限切れにならない」に設定を変更しておきましょう。

6. 一世を風靡したニコニコ生放送が「オワコン化」した理由(ダイヤモンド・オンライン)

ましこ

インターネット動画をよく視聴する人はもちろん、それ以外の人にとっても、サービス設計を考える上で参考になる記事です。

ニコニコ生放送の有料会員数が1年間で38万人減少したとのこと。月額500円に対する価値が、時代の流れとともに相対的に低くなってしまったことが原因のようです。また、生主(生中継の配信者)への利益分配やインセンティブのしくみがなかなか整備されない、他の配信プラットフォームと比べてサービスやUX(ユーザー体験)の面で劣位になってしまった、といった理由もあるとのこと。

たしかに、ここ数年はYouTuber(ユーチューバー)がもてはやされる一方、ニコニコ生放送が注目されたケースはあまりなかった気がします。

7. ジャパネットが93%の商品をやめたワケ(PRESIDENT Online)

ましこ

こちらもサービス設計の参考になる記事。

ジャパネットたかたが、約8,500点あった掲載商品を600点(14分の1)に削減したとのこと。理由は次の3つのようです(ネットショップ担当者フォーラムのこちらの記事を参照)。

  1. 商品数を絞り込み、在庫管理と発送業務の効率化をはかる
  2. 全商品にテロップ入りの45秒動画を掲載する
  3. 商品ジャンルが一目でわかるようにする

取り扱い商品の多さは、単にセールスやロジスティクス(物流)の問題だけでなく、担当バイヤーやコールセンターの体制整備にも大きく影響します。商品数が少なければ、その分、ひとつひとつの商品に割けるリソースが増え、サービスが向上することは容易に想像できます。

また、1商品あたりのロット数が増えることで、仕入れ値を下げたり、メーカーに対する商品開発(たとえば、オリジナルモデルの開発など)の発言力を強める効果もあるでしょう。

8. 「ビジネスにおけるSNS利用に関する意識調査2017」を実施 – 81.9%の人が「仕事とプライベートでSNSを分けたい」(Sansan株式会社)

ましこ

名刺アプリ「Eight」で知られるSansan株式会社の調査結果です。まとめると次のとおり。

  • 仕事とプライベートでSNSを分けたい人は81.9%
  • 仕事関係者とつながりたい派は16.4%
  • SNSで仕事関係者とつながっている人は67.8%(もっとも多いのは30代で78.7%)
  • つながっているSNSはLINEが84.6%、次いでFacebookの40.2%

ウェブサイトの制作や運営に関わる私たちは、名刺代わりにSNSで友だち申請をすることが珍しくありません。また、SNS華やかしきころは、一般企業に勤めている人ともこのような社交がありましたが、最近はほとんどなくなった印象です。

調査は調査として、それぞれの企業に合った、よりよいSNS活用を模索していきましょう。

9. 電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました~国内BtoC-EC市場規模が16.5兆円に成長。国内CtoC-EC市場も拡大~(経済産業省)

ましこ

毎年恒例、経済産業省による「電子商取引に関する市場調査」の平成29年度版が、4月25日に公表されました。

ちなみに、調査の正式名称は「我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」となっており、昨年までの「我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備」から変わっています。ビッグデータやAIの活用を視野に含めてのことでしょう。

予想どおり、日本のB2C-EC市場は堅調な伸びを見せ、15.1兆円に達しました(前年比9.9%増)。一方、B2B-EC市場は1%台の伸びにとどまり、頭打ちの感があります。

ほか、特に注目したいのは、B2C-ECでは、スマートフォン経由の売上が27.45%から31.93%に続伸したこと、フリマアプリの市場規模推計が3,052億円(2016年)となり、今後も拡大傾向がつづくと予想されることです。

ぜひ、サマリー版の「調査結果要旨」だけでも見てみてください。

10. 企業のノベルティを勝手に考える【提案】(Twitterモーメント)

ましこ

最後に、見ているだけでも楽しい記事を。

有名企業のロゴやパッケージデザインをもとに、ノベルティ(記念品や販促グッズ)を勝手に考えるという企画です。作者は「よく知られている2Dビジュアルを3D化して機能を持たせたらどうなるか、を企業ノベルティという形で見せているだけ」と謙遜しますが、あっと驚く発想の数々。

個人的には、JR出光興産のものが一番好きです。ぜひ、記事で確認してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

益子 貴寛(ましこ・たかひろ)

益子 貴寛(ましこ・たかひろ)

株式会社まぼろし 取締役CMO
https://maboroshi.biz/

1975年、栃木県宇都宮市生まれ。早稲田大学大学院商学研究科修了。
Webサイトのコンサルティング、企画・設計、制作業務、教育、執筆活動に従事。社団法人 全日本能率連盟登録資格「Web検定」プロジェクトメンバー。元・金沢工業大学大学院 工学研究科(東京・虎ノ門大学院) 知的創造システム専攻 客員教授。

主な著書に『Web標準の教科書』(秀和システム)、『伝わるWeb文章デザイン100の鉄則』(同)、『現場のプロから学ぶXHTML+CSS』(共著、マイナビ)など。
2017年5月、企画・構成から監修、執筆まで総合的に関わった書籍『ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 3 Webディレクション 第3版』(ワークスコーポレーション)が発売。

いちばんよくわかるWebデザインの基本きちんと入門 (Design&IDEA)

  • 問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール
  • 文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ!まとめてオフィス
  • 「はじめてWEB」でホームページをはじめよう!
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを50,000円(税抜)でリニューアル!

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

コラム週間アクセスランキング[期間:2018/7/29~2018/8/4]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業の開業スケジュールから、融資申込に必要な書類までをカンタン作成

  • 経理通信

    経営者と経理ご担当者必見!中小企業・小規模事業者のための経理サポートサイト

  • まとめてオフィス

    文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ

  • フリーコールS

    問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール

  • auオフィスナンバー

    事務所開設するなら固定電話番号で信頼アップ