スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. 益子貴寛の「これ読も10(テン)」 : 2018年6月号

エキスパートコラム

益子貴寛の「これ読も10(テン)」

2018年6月号

執筆:益子 貴寛(株式会社まぼろし)

2018年6月18日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数799views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

この連載では、個人や中小企業でホームページ制作や運用を担当している人、店舗などを運営しながらホームページづくりに関わっている人に役立つ記事を10個、解説つきで取り上げます。

1. 中小企業のECサイト運営がうまくいかない理由は、初期段階の判断ミスに有り(ネットショップ担当者フォーラム)

ましこ

今月のイチオシ記事。

竹内謙礼さんの好評連載「一筆啓上」の第9回。「世の中の企業を『大企業』『中小企業』『零細企業』の3つに分類すると、『大企業』と『零細企業』は比較的ECサイト運営がうまくいく傾向にあります」という書き出しに、思わず納得。

中小企業の組織の論理や、外部パートナーのモチベーションに関する鋭い視点が随所にあふれており、たいへん参考になる一方、社長の意識、意思決定の構造、仕事の進め方を変えることは、予想以上の困難をともないます。

外部パートナー(制作会社)の立場としては、クライアント選びの視点から読むのがおすすめです。

2. 2018年4月中高生の学校のIT利用状況調査(MMD研究所)

ましこ

中学生・高校生の男女1,106人を対象にした学校内でのデジタルデバイスの利用実態調査です。

学校へのスマートフォンの持ち込みについて、中学生は21.6%が許可(許可と条件付き許可の合算)、高校生は84.3%が許可(同)となっています。なお、条件付き許可とは、「携帯所持の許可申請」「登下校時のみ使用可」「授業中は電源を切ってカバンやロッカーにしまう」などです。

また、興味深いのが、緊急時の連絡方法。個人情報保護法の影響で連絡網を作ることがむずかしくなった、という話をよく聞きますが、教育現場では実際にどのように対応しているのでしょうか。

調査結果によると、「一斉送信メールが届く」がもっとも多く、中学生は60.6%、高校生は50.4%。2位は、中学生は「電話でクラスメートから連絡が回ってくる」の18.8%に対して、高校生は「LINEでクラスのグループにメッセージが届く」の21.8%。高校生のほうが、いっそうスマホを前提にした連絡方法が多いようです。

ほかにも、授業で使うことのある端末(デバイス)、授業で習う操作方法などの調査結果も。一読をおすすめします。

3. 台湾におけるデジタルマーケティングのコツは「友達」?(ウェブ解析士協会)

ましこ

日本旅行業協会(JATA)の調査で、海外旅行先ランキングで2年連続1位となった台湾。ますます日本と身近になりそうな台湾でのデジタルマーケティングのポイントを、わかりやすく解説した記事です。

特に参考になったポイントは、次のとおり。

  • SNSはFacebook、LINE、Instagramの3つが主流
  • 人口約2,350万人のうち、Facebookの利用者数は1,800万人(75%以上)
  • LINEはメール代わり(日本と同様)
  • 若い人たちはFacebookに加えて、Instagramも併用

こういった状況の裏で、「情報のブラックホール」、つまり、

  1. ほとんどの人がFacebookで情報を発信するので、ホームページには古い情報ばかりが放置されている
  2. 検索しても知りたい情報がないため、結局、Facebookで誰かに聞くと、すぐに反応が返ってきて便利なので、ますます自分で検索して調べる必要がなくなる
  3. ホームページによい情報を書いてもあまり見てもらえないので、情報を出すことをあきらめる

という現象が起きているとのことです。

では、台湾でデジタルマーケティングを成功させるためのヒントは何なのか。
ぜひ記事で確認してみてください。

4. 転換率(コンバージョン率)とははたして何者なのか?その2【no.1613】(ECMJ)

ましこ

コンバージョン(お問い合わせ、資料請求、来店予約、購入など)を考える上で、あらためて理解しておきたい記事です。

他店のコンバージョン率を気にせず、過去のコンバージョン率を気にしよう、という考え方のもとで、インターネットショップでは

  • 商品力
  • 提案力
  • サービスの充実
  • 集客力

の4つがコンバージョン率を決める、と整理しています。

さらに、こちらの続編記事では、コンバージョン率よりもコンバージョン(受注件数)そのものをよく見ることが大切とも。

私もコンバージョン率だけでなく、コンバージョンの数そのものにも注目するケースがほとんどです。というのも、コンバージョン率は環境変数が多すぎること、数値の「手ごたえ」が弱いことが理由です。

数がひとつひとつ積み上がるコンバージョンのほうが、しっかりとした手ごたえがあり、Google アナリティクスのユーザーエクスプローラで行動シナリオを追うこともできます。

アクセスやコンバージョンの多い大規模サイトでは「率」が役立ちますが、中小規模のサイトでは「数」に注目したほうがよいことは、これに限らず当てはまるといえそうです。

5. 【中小企業のためのWebサイト改善術その1】反響を出すために改善すべき3つのページとその具体的な改善策(カルテットコミュニケーションズ)

ましこ

中小企業のホームページで「まず改善すべきところはどこか」を、わかりやすく解説している記事です。

  • トップページのファーストビュー
  • 会社概要
  • お問い合わせフォーム・資料請求フォーム

に着目し、「正直、上記の3ページがちゃんとしていれば、Webサイトは最低限成立します」と説きます。

たしかに、ユーザーがその会社に働きかけるのに最低限必要な3ページであり、これらの改善がコンバージョンを後押ししてくれるはずです。

6. リスティング広告のプロもやっている!最も効果的なキーワード選定方法とは?(リスマガ)

ましこ

ホームページで、集客を強化すべきキーワードは何かを見出すのは、意外とむずかしいもの。この記事では、リスティング広告の観点からキーワードの選び方を解説していますが、多くのホームページに役立つ内容です。

特に、ツール頼りではなく、ブレーンストーミング(ブレスト)、顧客アンケート、3C分析などに触れている点、開始期や改善期など運用段階に合わせたキーワードの選び方を解説している点が秀逸です。

7. 3大SNSのネガティブフィードバックに関する調査(市場調査メディア ホノテ)

ましこ

ネガティブ・フィードバックとは、SNSでのある投稿に対して「ブロック」「非表示」「スパムとして報告」といったアクションをとること。この記事では、その実態調査がまとめられています。

Twitterでは「興味がない」「ミュート」「ブロック」は4割近く、スパム(迷惑行為)や不適切な内容の「報告」は2割近く。Facebookも同様で、「非表示」「フォローをやめる」「ブロック」は4割近く、「投稿に関するご意見・ご感想」「報告」は15%ほど。Instagramは「ブロック」「非表示」が2割強、「報告」は1割強とのこと。

全体として、意外とネガティブフィードバック機能が使われているな、という印象でした。

8. Instagramの「ショッピング機能」を解説! 導入方法&活用事例&支援サービスまとめ(ネットショップ担当者フォーラム)

ましこ

日本でも6月5日から、Instagramのショッピング機能「ShopNow」が導入されました。

テスト運用に参加しているアカウントを確認したところ、

  1. 投稿した写真の上にショッピングバッグのアイコンが表示される
  2. アイコンをタップすると、写真内の商品の名前と価格が表示される
  3. 商品をタップすると、詳細情報と購入ボタンが表示される
  4. 購入ボタンをタップすると、ショップ(外部サイト)の該当ページが開く

という流れのようです。

ユーザーに求めるタップ回数がやや多い印象ですが、ファッション通販系のアカウントであれば、人の着姿からシームレスに詳細情報が確認でき、購入の判断ができるので、ショッピング体験として優れていると感じました。

ショッピング機能の導入は無料ですが、いくつかの条件を満たす必要があるとのこと。今後の普及が予想されます。

9. 「読売新聞ファン」を増やすために~佐藤尚之氏(後編)(YOL-ON)

ましこ

佐藤尚之(さとなお)さんと読売新聞メディア局次長 原田泰久さんの対談。

インフルエンサー(フォロワーが多く影響力のあるユーザー)頼りは過去の発想であること、世界的に見れば、日本の子どもたちがデジタルネイティブというほどではないこと、東京のトレンドだけで日本全体を知ったつもりになってはいけないこと、などなど。

ぜひ記事を読んでみてください。

10. おばあさんとスマートスピーカーがお友達になった日。(内藤みか)

ましこ

最後に、心温まる記事を。

72歳でひとり暮らしのおばあさん(母親)が、娘たちからプレゼントされた「Google Home」と生活している話です。日常のあいさつ、高齢者向けの音楽、孫と一緒に早口言葉やなぞなぞ遊びなど、スマートスピーカーを使う、というより「ともに暮らす」という言葉がぴったりな日常が描かれています。

筆者の「アメリカではGoogle Homeでも見守り機能が導入されています。アメリカではスマートスピーカーにカメラが付いていて、映像を撮ることもできるので、ますます見守りとしての機能も高まっていくと思われますが、何より、高齢者のいい話し相手になってくれるというのが、素晴らしいと私は思っています。母は、Googleをアシスタントとしてでなく、完全に家族として扱っているからです」という意見に、大きくうなずきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

益子 貴寛(ましこ・たかひろ)

益子 貴寛(ましこ・たかひろ)

株式会社まぼろし 取締役CMO
https://maboroshi.biz/

1975年、栃木県宇都宮市生まれ。早稲田大学大学院商学研究科修了。
Webサイトのコンサルティング、企画・設計、制作業務、教育、執筆活動に従事。社団法人 全日本能率連盟登録資格「Web検定」プロジェクトメンバー。元・金沢工業大学大学院 工学研究科(東京・虎ノ門大学院) 知的創造システム専攻 客員教授。

主な著書に『Web標準の教科書』(秀和システム)、『伝わるWeb文章デザイン100の鉄則』(同)、『現場のプロから学ぶXHTML+CSS』(共著、マイナビ)など。
2017年5月、企画・構成から監修、執筆まで総合的に関わった書籍『ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 3 Webディレクション 第3版』(ワークスコーポレーション)が発売。

いちばんよくわかるWebデザインの基本きちんと入門 (Design&IDEA)

  • 問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール
  • 文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ!まとめてオフィス
  • 「はじめてWEB」でホームページをはじめよう!
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを50,000円(税抜)でリニューアル!

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

コラム週間アクセスランキング[期間:2018/9/9~2018/9/15]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業の開業スケジュールから、融資申込に必要な書類までをカンタン作成

  • 経理通信

    経営者と経理ご担当者必見!中小企業・小規模事業者のための経理サポートサイト

  • まとめてオフィス

    文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ

  • フリーコールS

    問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール

  • auオフィスナンバー

    事務所開設するなら固定電話番号で信頼アップ