スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. 益子貴寛の「これ読も10(テン)」 : 2019年5月号

エキスパートコラム

益子貴寛の「これ読も10(テン)」

2019年5月号

執筆:益子 貴寛(株式会社まぼろし)

2019年5月27日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数727views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

この連載では、個人や中小企業でホームページ制作や運用を担当している人、店舗などを運営しながらホームページづくりに関わっている人に役立つ記事を10個、解説つきで取り上げます。

1. 2分CMでも再生1000万回!ウェブ動画広告が長くても見られる理由(ダイヤモンド・オンライン)

ましこ

今月のイチオシ記事。

動画広告といえば5秒、15秒、30秒くらいが一般的ですが、最近では数分にわたるストーリー性の高い動画広告も出てくるなど、「長尺化」が進んでいるようです。昨年話題になった東亞合成の瞬間接着剤「アロンアルファ」の動画広告は、第1弾が1分59秒で再生回数は1000万回以上、第2弾は2分57秒で再生回数790万回以上に。

テレビCMと異なり、インターネットの動画広告は時間の制約がゆるやかです。クチコミでの広がりも期待できるため、このような長尺の動画広告が成立する余地は多分にありそう。

新たなクリエイティブのあり方として、意識しておきたいところです。

2. 令和のグーグル検索では、広告を出していても検索順位は上がりません!【SEO記事12本まとめ】(Web担当者Forum)

ましこ

記事タイトルは「便乗」感がありありですが、平成時代から変わらず、Googleに広告を出稿しても自然検索の順位に影響がないことを、あらためて認識しておきたいところです。

なお、記事では「そうはいっても」という意見もきちんと扱っています。たしかに、そのように考えたくなる気持ちは理解できますが、むしろ、広告と自然検索とで異なるユーザーシナリオを描き、コンテンツやコミュニケーションの改善に活かすなど、生産的な発想に時間を使うのが得策でしょう。

3. 否定形ではなく肯定文を使って注意を促すコピー術! #今日の最適化(himag)

ましこ

非常によい視点が得られる記事です。

記事で取り上げられている例のほか、「~までにできないと困る」を「~までにできたら助かる」に変えるなど、日ごろのコミュニケーションにも活かせます。実際に、人間の脳の働きに注目したトレーニング手法「アレクサンダー・テクニーク」でも、否定形ではなく肯定形での指示が効果的とされています。

ウェブサイトで不用意に否定形の表現を使ってしまっていないか、チェックしてみてください。

4. Instagram、「いいね!」数を非公開にするテスト実施(ねとらぼ)

ましこ

Instagramユーザーは要チェックの記事です。

Instagram上で「いいね!」の数が表示されなくなり、投稿者だけが見られるようにするテストをカナダで行うそうです。

「どれだけ『いいね!』がもらえるかを気にするより、友人とつながることに時間を使ってほしいとしています。また『競争しているように感じないよう』プロフィールのフォロワー数を目立たなくするテストを実施しているとも述べています」とも。

ひとりのユーザーとしては、投稿に対する「いいね!」の数がモチベーションになったり、写真の構図などを考える際の参考になったりするので、公開し続けてほしいと思っています。

5. Googleマイビジネスの有料化をGoogleが検討中か?(モバイル時代のSEO情報ブログ)

ましこ

私たちにとってますます身近なサービスになっているGoogle マイビジネス

Googleは、マイビジネスのサービスが有料化されてもお金を払って利用し続けるかを、アンケートで調査している模様です。

Google検索やマップはもちろん、YouTubeのアカウント管理や、日本でのサービス開始が待たれるReserve with Googleとの連携が進んでおり、マイビジネスのビジネスプラットフォームとしての役割が年々強化されています。

有料化の話題も含めて、マイビジネスの動向に今後も注目しましょう。

6. 「フリー」と「シェア」の時代が終わる。 壊れてしまったインターネットはどこへ行く?(FNN.jpプライムオンライン)

ましこ

やや大きな話題ですが、今後のウェブの発展を見通す上で必読の記事。

フリーやシェアというインターネットならではの文化が、実はわれわれ自身を危機にさらしている、という視点です。たとえば、「私達はビッグテックが提供する優れたアプリを無料で利用できます。そして、早く使いたいがために、利用規約をほとんどスキップしてしまう。つまり、白紙委任の状態でアプリを使っています」「我々はアプリを無料で使っているのではなく、個人データというデジタル通貨で支払っているとも言えます」という意見に、ハッとする人が多いはず。

膨大な個人データをもとにビジネスを展開する「GAFA」に対する防衛策として、EUで一般データ保護規則(GDPR)が成立したのも、このような危機感が背景にあります。

フリーにはリスクもある、ということを、あらためて認識しておきたいところです。

7. ネット界隈の人事制度をまとめてみた(みやもとかずのり | note)

ましこ

インターネットビジネスに関わる企業の人事制度や福利厚生の中身をわかりやすくマッピングした記事です。

一般企業と共通するものから、業界ならではのものまで、非常にさまざまな制度があります。

自社の人事制度や福利厚生を見直す際、参考にしてみてください。

8. 18年EC市場、8.9%増の約18兆円も成長ペースは鈍化(通販通信)

ましこ

経済産業省が5月16日に公表した「平成29年度(2017年度)電子商取引に関する市場調査」によると、B2C市場規模は前年比8.96%増の17兆9,845億円EC化率は0.43ポイント増の6.22%となりました。

伸び率は前年の9.1%増から0.14ポイント減少。2年連続で10%に届かず一桁成長となったことで、市場規模の拡大ペースがゆるやかになってきているという見方が示されました。成長鈍化の理由としては、「EC業界の価格競争の激化」「実店舗の充実」「オムニチャネルシフトによる『消費の最適化・合理化』」が挙げられています。

個人的には、物販系分野のEC化率(すべての商取引のうちECが占める割合)が5.79%から6.22%への伸びにとどまり、思ったほどEC化が進んでいないことが気になりました。

なお、メルカリなどのフリマアプリの推定市場規模は、前年4,835億円から32.2%増の6,392億円に。2年前の3,052億円と比べると倍以上になっており、1兆円が見えてきた状況です。

9. シニア層が使うECサイト上位は「楽天市場」が8割、「Amazon」が7割、「Yahoo!ショッピング」は5割超(ネットショップ担当者フォーラム)

ましこ

引き続き、ECの話題です。

60歳代のシニア層の利用実態調査によると、ECサイトは「楽天市場」が83.3%で最も多く、「Amazon」が70.3%、「Yahoo!ショッピング」は52.9%となりました。特に「Yahoo!ショッピング」は、全世代の平均と比べて13ポイント高く、ポータルサイト「Yahoo! JAPAN」との連携性が理由とされています。

シニア層の購買行動としては、

  • 気に入った商品やサービスは長く買い続ける(71.4%)
  • ものを買うときは、価格にみあう価値があるかを吟味する(65.2%)
  • ブランドにかかわらず、自分が気に入ったモノが最高(63.7%)
  • 話題性があっても、品質の裏打ちがなければ買わない(58.9%)

といった特徴があるようです。

シニア向けの施策を考える際、参考になるでしょう。

10. サイトリニューアル成功のカギを握る「4つの確認事項」とは?/失敗しない! はじめてのサイトリニューアル(連載第1回)

ましこ

ウェブサイトのリニューアルで、意外と見落としがちなのは、

  • 社内の誰が、どのような関わり方をしているか
  • リニューアルによって、それぞれにどのような影響があるか

の2つです。

このことを把握する方法として記事で紹介されているのが「ビジネスプロセスマップ」。

個人的な経験としても、ペルソナやカスタマージャーニーマップなどのユーザー視点はもちろん大切ですが、社内の業務プロセスも考慮した上でリニューアルを計画する必要があります。

たとえば、ニュースリリースの記事作成を担当するのは誰か、公開の判断をするのは誰か、問い合わせ対応で担当部署への振り分けを担当するのは誰か、回答内容の取りまとめやよくあるご質問への展開を担当するのは誰かなどを大まかに把握することで、ビジネス上の課題解決という面でも大きな貢献が期待できます。

ウェブサイトのリニューアルを検討中の方は必読の記事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

益子 貴寛(ましこ・たかひろ)

益子 貴寛(ましこ・たかひろ)

株式会社まぼろし 取締役CMO
https://maboroshi.biz/

1975年、栃木県宇都宮市生まれ。早稲田大学大学院商学研究科修了。
Webサイトのコンサルティング、企画・設計、制作業務、教育、執筆活動に従事。社団法人 全日本能率連盟登録資格「Web検定」プロジェクトメンバー。元・金沢工業大学大学院 工学研究科(東京・虎ノ門大学院) 知的創造システム専攻 客員教授。

主な著書に『Web標準の教科書』(秀和システム)、『伝わるWeb文章デザイン100の鉄則』(同)、『現場のプロから学ぶXHTML+CSS』(共著、マイナビ)など。
2017年5月、企画・構成から監修、執筆まで総合的に関わった書籍『ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 3 Webディレクション 第3版』(ワークスコーポレーション)が発売。

いちばんよくわかるWebデザインの基本きちんと入門 (Design&IDEA)

  • 問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール
  • 文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ!まとめてオフィス
  • 「はじめてWEB」でホームページをはじめよう!
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを50,000円(税抜)でリニューアル!

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

コラム週間アクセスランキング[期間:2019/9/22~2019/9/28]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業の開業スケジュールから、融資申込に必要な書類までをカンタン作成

  • 経理通信

    経営者と経理ご担当者必見!中小企業・小規模事業者のための経理サポートサイト

  • まとめてオフィス

    文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ

  • フリーコールS

    問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール

  • auオフィスナンバー

    事務所開設するなら固定電話番号で信頼アップ