スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. 益子貴寛の「これ読も10(テン)」 : 2019年7月号

エキスパートコラム

益子貴寛の「これ読も10(テン)」

2019年7月号

執筆:益子 貴寛(株式会社まぼろし)

2019年7月29日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数306views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

この連載では、個人や中小企業でホームページ制作や運用を担当している人、店舗などを運営しながらホームページづくりに関わっている人に役立つ記事を10個、解説つきで取り上げます。

1. ユーザーが嫌うオンライン広告12種を定めた「Better Ads Standards」日本語訳(Web担当者Forum)

ましこ

今月のイチオシ記事。

アメリカのCoalition for Better Ads(CBA)が公開している「The Initial Better Ads Standards(優良広告基準)」。Googleは、この基準に準拠していないウェブ広告をChromeブラウザ上でブロックする機能を、2019年7月9日から世界中に広げると発表しました。

ユーザーが不快に感じるとされる広告は、デスクトップ向けで4個、モバイル向けで8個、合計12個が定義されています。

  • デスクトップウェブ広告
    • ポップアップ広告
    • 音声付き自動再生動画広告
    • カウントダウン付きプレスティシャル広告
    • 大型スティッキー広告
  • モバイルウェブ広告
    • ポップアップ広告
    • プレスティシャル広告
    • 高さの占有率が30%を超える広告
    • 点滅アニメーション広告
    • 音声付き自動再生動画広告
    • カウントダウン付きポスティシャル広告
    • 全画面スクロールオーバー広告
    • 大型スティッキー広告

これらのうち、日本のウェブではいくつか、スマートフォンアプリでは一部見受ける、という程度ではないでしょうか。たとえば、ウェブではメディアサイトなどでプレステシャル広告(記事を見る前に表示される広告)を見かけたり、スマホアプリではカウントダウン付きプレスティシャル広告やポスティシャル広告、高さの占有率が30%を超える広告を見かけたりします。

ウェブサイトのレイアウト改善を要するものもあるので、ひととおり理解しておきましょう。

2. よいユーザー体験をつくる「アニメーション6つの基本原則」を覚えよう | アドビUX道場 #UXDojo(Adobe Blog)

ましこ

引き続き、ユーザー体験に関する話題を。

前回(2019年6月号)、5つ目の記事で取り上げた「マイクロインタラクション」。

この記事では、ウェブサイトやアプリのマイクロインタラクション(アニメーション)の原則として、次の6つを動画つきで解説しています。

  1. タイミング: 素早く、ただし速すぎないように
  2. イージング: 有機的な動きをつくる
  3. 空間定位: 連続性により位置関係を表す
  4. 注意を向ける: デザイン階層のトップに立つ
  5. 視覚的な連続性: 画面のトランジション
  6. 明快さ: 意図がはっきりとした動き

どの原則も、操作の「さりげない心地よさ」を実現するために、心に留めておきたいところです。

3. シェア社会に消費者の行動激変 時代は「AISAS」から「SAUSE」へ(日経クロストレンド)

ましこ

シェアリング時代の消費行動の変化に応じた新しい消費モデル「SAUSE(ソース)」が、三菱総研とメルカリによって提唱されています。

以下の5つの行動段階の頭文字をとった名称です。

  • Search(検索)
  • Action(行動)
  • Use(一時利用)
  • Share(再販売)
  • Evaluation(評価)

消費モデルは、古くはAIDMA、近年ではAISAS(またはAISCEAS)が広く使われてきましたSAUSEは、たしかに現在のオークションサイトやシェアリングエコノミーを言い表したモデルだとは思いますが、経済活動の一側面だけを切り取ったに過ぎないと考えます。

また、再販売(Resale)を意味するとされる「Share」は、「S」にこだわるのであれば「Sale」にしたほうがよいとも思ったりしました。

4. Webサイトのブランド力、総合編は「楽天市場」が3年ぶりの首位 一般企業編のトップ3は「サントリー」「Tサイト」「ANA」(日経BPコンサルティング)

ましこ

日経BPコンサルティングが、3万人以上を対象とした国内500サイトのユーザー調査を実施しました(半年ごとの定例)。

今回の調査では、総合ランキングで「楽天市場」が1位、「Amazon.co.jp」が2位、前回1位の「Yahoo! JAPAN」が3位、「Google」が4位に。

一般企業(ネット専業企業除く)では、5位にサントリー、10位にTサイト(Tポイント/Tカード)、11位にANAがランクイン。特にANAは、前回48位から11位まで急上昇。

やはり一般消費者との接点が多いB2C企業が、ランキングの上位を占める結果となりました。

5. Amazonが「置き配」を本格展開。渋谷、新宿、春日部、博多など(Impress Watch)

ましこ

長らく配送業者の人手不足や配送コスト増が話題ですが、Amazonがひとつの緩和策として、在宅・不在に関わらず、指定場所に直接届ける「置き配」を一部地域ではじめました。

宅配便は、配達員の方々も当然ご苦労ではありますが、実は受け取るほうの負担も大きいもの。指定時間帯に家にいなければならなかったり、家事や育児で忙しい中、インターフォンを気にかける煩わしさは、みなさんも経験しているとおりです。

現在のところ、配達場所として指定できるのは、宅配ボックス、玄関、ガスメーターボックス、車庫、自転車のかご、建物内受付/管理人。中でも「自転車のかご」が、なかなかユニークです。

安全な運用を積み重ねることで、配達場所の対象はもっと増えていくでしょう。

6. 閉鎖が相次ぐオウンドメディア あるべき姿って何だろう?(Web担当者Forum)

ましこ

Nanapi、みんなのごはんなど、有力なオウンドメディアの更新停止が相次いでいます。

新規顧客の獲得や運用コストの回収について、見通しが立たなくなったことが大きな理由と考えますが、経年による個性の摩耗やマンネリ化などもあるはずです。

そのような中、キリンビールが公式noteを立ち上げました。「コアとなるミッションを軸にして、ブランドごと、テーマごとにコミュニティ化し、ブランド、コミュニティ、お客様をコンテンツを通じてつなぐプラットフォームとして定義」しているとのこと。つまり、顧客とのコミュニケーションの場として活用するそうです。

キリンビールのこの取り組みは、いわば「オウンドメディアの外部化」。今後、ひとつのトレンドとなりそうです。

7. 届いていると思ったら大間違い?「メールマーケティング」の基礎(ferret)

ましこ

記事名のとおり、基礎的な内容ではありますが、メールマーケティングの全体像を理解できる良記事。

特に、記事で書かれている「セグメント化」(ターゲティング)は、すぐにでも実施したいところ。加えて、記事では触れられていませんが、段階的なメール配信「ステップメール」に取り組むことで、メールマーケティングの成果が大きく上がるはずです。

8. 中小企業のホームページが狙われている!?ホームページ・セキュリティ基礎入門(LISKUL)

ましこ

引き続き、基礎的ながら大切な知識を。ホームページのセキュリティに関する記事です。

私も、顧客からホームページを改ざんされた経験を聞いたことがあり、ひとまず速やかなSSL化を提案しました。クラッキングによる内容の改ざんはSSL化をしても防げませんが、なりすましや盗聴、フィッシングなどは防げるからです。

少しむずかしい内容もありますが、一読して理解を深めておきましょう。

9. Googleマイビジネスを活用しないと損する理由(OMOTENASHI.com)

ましこ

Google マイビジネスの重要性は、この連載でもたびたびお伝えしていますが、あらためて。活用上のメリットや注意点を総合的にまとめた記事です。

最近では「MEO(Map Engine Optimization)」、つまり、Google マップ(Google マイビジネス、Google 検索でのサマリーを含む)での表示情報の最適化を意味する言葉も、よく耳にするようになっています(営業電話なども増えているようですので、ご注意ください)。

なお、アメリカですでにはじまっているサービスに「Reserve with Google(Googleで予約)」があります。アサロン、フィットネス、レストラン、イベントなどの予約を、Google マップやGoogle 検索から直接できるようにするしくみです。

今後、日本での展開も予定されていますので、Google マイビジネスと合わせて、動向をウォッチしておきましょう。

10. 参院選2019 データ分析(日本経済新聞)

ましこ

先日の参議院議員選挙に関するインフォグラフィックスです。

青とピンクの2色を使ったわかりやすいデザイン。スマートフォンでの見やすさや高い操作性。あまり凝りすぎず、かといって地味すぎず、要所を押さえたよいバランスです

お手本にしたい表現だと思って、ご紹介しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

益子 貴寛(ましこ・たかひろ)

益子 貴寛(ましこ・たかひろ)

株式会社まぼろし 取締役CMO
https://maboroshi.biz/

1975年、栃木県宇都宮市生まれ。早稲田大学大学院商学研究科修了。
Webサイトのコンサルティング、企画・設計、制作業務、教育、執筆活動に従事。社団法人 全日本能率連盟登録資格「Web検定」プロジェクトメンバー。元・金沢工業大学大学院 工学研究科(東京・虎ノ門大学院) 知的創造システム専攻 客員教授。

主な著書に『Web標準の教科書』(秀和システム)、『伝わるWeb文章デザイン100の鉄則』(同)、『現場のプロから学ぶXHTML+CSS』(共著、マイナビ)など。
2017年5月、企画・構成から監修、執筆まで総合的に関わった書籍『ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 3 Webディレクション 第3版』(ワークスコーポレーション)が発売。

いちばんよくわかるWebデザインの基本きちんと入門 (Design&IDEA)

  • 問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール
  • 文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ!まとめてオフィス
  • 「はじめてWEB」でホームページをはじめよう!
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを50,000円(税抜)でリニューアル!

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

コラム週間アクセスランキング[期間:2019/8/4~2019/8/17]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業の開業スケジュールから、融資申込に必要な書類までをカンタン作成

  • 経理通信

    経営者と経理ご担当者必見!中小企業・小規模事業者のための経理サポートサイト

  • まとめてオフィス

    文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ

  • フリーコールS

    問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール

  • auオフィスナンバー

    事務所開設するなら固定電話番号で信頼アップ