スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. ウェブサイト運営のためのスマートフォン撮影テクニック : 第3回 思わず「いいね!」したくなるスマホ写真の加工方法

エキスパートコラム

ウェブサイト運営のためのスマートフォン撮影テクニック(全4回)

第3回:思わず「いいね!」したくなるスマホ写真の加工方法

執筆:鍋坂 樹伸(コマーシャルフォト サン・スタジオ)

2016年4月25日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数2,679views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

Facebook(フェイスブック)

Facebookは、公私を含めたパブリックなコミュニケーションとして広く使われているSNSです。

特にビジネスユース(企業のFacebookページなど)では、文章だけでなく、写真付きだと「いいね!」が増えやすいので、必ず写真と文章を投稿に含めているという人も多いでしょう。
Facebookのスマートフォンアプリでも、写真の色味を加工し、雰囲気よくできます。

カメラロールから写真を選ぶと、次に写真を加工するページに移動します。
未加工の写真を公開してももちろんよいのですが、画面下の四角のボタンををタップするだけで少しずつ写真の色が変わります。

Facebookではフィルタそれぞれに、「ビンテージ」(ちょっと古めかしい仕上がり)、「四季」や「雪」(白黒写真)といった親しみやすいラベルが振ってあります。
ぜひいろいろなボタンを押して、試してみましょう。

オリジナルでは少し青白かったリンゴの写真。いろいろなフィルタを試してみました。
リンゴの赤色が一番きれいに仕上がった「夏」のフィルタをセレクト。
奥のほうに余計なものが写り込んでいたので、正方形にトリミングして投稿しました。

忠実に色を再現するだけがよい写真ではありません。
被写体によっては「ビンテージ」や「雪」(モノクロ)を選び、彩度の低い仕上がりにすると、見た人が色を想像するという楽しみを生み出せます。見慣れない色だからこそ興味をそそり「いいね!」がふえる傾向があります。

ぜひ試してみてください。

Facebookのフィルタ

オリジナルよりもよい感じに仕上がることが多いので、写真をアップする前にちょっと色加工の操作をすると普段よりも「いいね!」の数が増えるかも。

Facebookのアップロード

フィルタを選んだ後、余計なところを除くようにトリミングをして、コメントをつけてアップロード。

12345

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

鍋坂樹伸(なべさか・しげのぶ)

鍋坂 樹伸(なべさか・しげのぶ)

コマーシャルフォト サン・スタジオ 所属

1975年、兵庫県姫路市生まれ。中央学院大学商学部商学科卒業。香川県高松市在住。東京都内の印刷会社営業職を経て、2003年に実家が運営する「コマーシャルフォト サン・スタジオ」入社。広告写真家として活動し、食品・洋服・人物・風景など、さまざまなジャンルの撮影に対応。
2012年より専門学校 穴吹デザインカレッジにて非常勤講師をつとめるかたわら、企業や団体が主催するセミナーでも講師をつとめる。
CSS Nite in TAKAMATSU オフィシャルフォトグラファー。

著書『Web制作と運営のための写真撮影&ディレクション教本~段取りから準備、撮影テクニック、実践ポイントまで~』(マイナビ)。

Web制作と運営のための写真撮影&ディレクション教本

  • 問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール
  • 文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ!まとめてオフィス
  • 「はじめてWEB」でホームページをはじめよう!
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを50,000円(税抜)でリニューアル!

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

コラム週間アクセスランキング[期間:2019/9/8~2019/9/14]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業の開業スケジュールから、融資申込に必要な書類までをカンタン作成

  • 経理通信

    経営者と経理ご担当者必見!中小企業・小規模事業者のための経理サポートサイト

  • まとめてオフィス

    文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ

  • フリーコールS

    問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール

  • auオフィスナンバー

    事務所開設するなら固定電話番号で信頼アップ