スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. ヒトの心理とWeb集客の密接な関係 : 第3回 アナログ媒体を活用しよう

エキスパートコラム

ヒトの心理とWeb集客の密接な関係(全6回)

第3回:アナログ媒体を活用しよう

執筆:蝦名 晶子(ディーシーティーデザイン)

2019年2月25日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数3,190views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

ホームページを開設したけれど、集客できていない!とお悩みの方も多いはず。
今回は「アナログ媒体」をどう活用したら良いかを考えてみましょう。

ヒトは、未完成なものほど興味が湧くと言われています(ツァイガルニック効果)。
「続きが気になる」「もっと知りたい」と思わせることで、Webサイトへの集客をしてみましょう。

名刺

名刺は、初めてお会いする方にお渡しするものです。
「私、○○社の○○です」
といったごあいさつとともにお渡しします。

名刺のサイズは55mm×91mmと非常に小さく、記載できる情報が限られてしまいます。
会社のことや自分のことを知ってもらうためにホームページアドレスを記載しますが、そのホームページアドレスが長かったり、難しい英数文字の並びであったりすると、直接入力するのが面倒で見てもらう(集客する)機会を減らしているかもしれません。

そこで、活躍するのが

  • 検索窓
  • QRコード

です。

名刺にホームページアドレスを掲載する例です。
詳しい事業内容などが知りたい!と思った方は、ホームページにアクセスします。
できるだけ、カンタンにアクセスしてもらえるよう、工夫することも大切です。
検索窓は、入れたいキーワードで実際に検索をし、あなたのホームページがわかりやすい場所に表示されているかどうかを確認をしてから入れてください。

  • ※QRコードの商標はデンソーウェーブの登録商標です。
  • ※オンラインサービスは、利用規約をよく読んでからご利用ください。

その他、封筒や会社案内・新聞広告やチラシなどにも掲載して、アクセス数を増やしましょう。

日常のコミュニケーション

商談などでの「会話」も、ホームページへの集客には大切な要素となります。
短い会話の中で、自社のPRをすべてできるわけではありません。

そこで活躍するのがホームページです。
「弊社の実績はホームページに掲載しております」
「今日お話した内容以外の弊社の強みはホームページに掲載しております」
というように、要点のみお伝えし、あとはホームページで見ていただく、という流れにすることで、ホームページへのアクセスを促します。

ヒトはもっと知りたいと思ったときに「検索」する

最近では、スマートフォンが身近なものとなったことから、わからないことや興味を持ったことがあるとすぐに「検索」する人が増えました。GoogleやYahoo!などの検索エンジンも、利用者が欲しい情報にたどり着きやすいよう、常に進化しています。

vol.1でご紹介したとおり、あなたのホームページを見たいと思う人は、どんなキーワードで検索をするでしょう。また、そのキーワードで検索してみたとき、あなたのホームページは表示されていますか?

まずは

  • 自社名で検索
  • 取扱商品名で検索
  • 取扱ブランド名で検索

で、確認してみましょう。どんな結果になっていますか?

また、「アクセス解析」を見ることも大切です。
実際に訪問している人が、どんなキーワードでアクセスしてきたのかを確認します。
新しい発見があるかもしれません。

「コンテンツ」の充実が重要

vol.2でご紹介したとおり、お客さまは「いま自分に起きている問題」を解決したいから「検索」をします。
検索結果に表示されているタイトルを見て「続きが見たい」と思い、ホームページを閲覧します。

そこで、解決できるような内容が掲載されていなかった場合、もうアクセスしてくれないかもしれません。
どんな内容を、どのように掲載すれば効果が高いか、いろいろ試せるのがホームページの良いところ。

  • 初めて訪問したお客さま
  • リピーター

の両方を満足させられるような、コンテンツづくりを意識してみてください。

まとめ

タロウ

普段何気に使っているアナログ媒体。
この中にもホームページへの集客につながるチャンスがたくさん潜んでいます。
ぜひ、改めて見なおしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

蝦名 晶子(えびな・あきこ)

蝦名 晶子(えびな・あきこ)

ディーシーティーデザイン 代表
NPO法人あおもりIT活用サポートセンター 副理事長
http://dct-design.net/
http://aoit.jp/

生まれも育ちも、現在の活動拠点も青森県青森市。
地元青森のショッピングセンターの販売促進課でマーケティング・共同販促・広告・イベント企画・ディスプレイ等に携わる。「何かをつくりあげる」ことに魅力を感じ、「デザインを発注する側」から「デザインする側」へ転身。
2004年に「ディーシーティーデザイン」を設立、Webサイトや紙媒体の企画から制作、活用提案、さらに継続的な運用支援を行っている。クリエイター向けのセミナー講師のほか、経営者向けの講演なども行う。2012年、青森県内の仲間とNPO法人あおもりIT活用サポートセンターを設立。IT教育部会を担当し、ITに関わる人材育成に力を注いでいる。
何事も「つなげる」ことが好き。人と人、モノやコトはひとり(ひとつ)よりもつながることでより良いものになると信じている。自他共に認める「愛犬家」で、縁あって里親になったフレンチ・ブルドッグの「タロウ」を溺愛中。

  • 問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール
  • 文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ!まとめてオフィス
  • 「はじめてWEB」でホームページをはじめよう!
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを50,000円(税抜)でリニューアル!

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

コラム週間アクセスランキング[期間:2019/9/22~2019/9/28]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業の開業スケジュールから、融資申込に必要な書類までをカンタン作成

  • 経理通信

    経営者と経理ご担当者必見!中小企業・小規模事業者のための経理サポートサイト

  • まとめてオフィス

    文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ

  • フリーコールS

    問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール

  • auオフィスナンバー

    事務所開設するなら固定電話番号で信頼アップ