スマートフォンサイトを表示する

  1. TOP
  2. 世界とつながる!みんなが使えるウェブサイト超活用TIPS : 第4回 多彩な決済方法で買い物をしやすくしよう

エキスパートコラム

世界とつながる!みんなが使えるウェブサイト超活用TIPS(全6回)

第4回:多彩な決済方法で買い物をしやすくしよう

執筆:服部 雄樹(株式会社服部制作室)

2018年12月17日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

閲覧数1,046views

このコラムをPDF形式でダウンロードする

ウェブサイトは作って終わりではなく、お問い合わせや集客アップなど具体的な成果に繋がってはじめて価値のあるものになります。皆さまにとって本当に必要なのは「ウェブサイト」ではなく、その先にある「成果」のはずです。そこで本コラムでは、ウェブサイトを作ってからどう活用するか、その中でも特に外部サービスとの連携に焦点を当て、成果の出るサイトにステップアップするためのさまざまな活用方法を紹介します。

第4回目の今回は、ウェブサイト上での買い物をしやすくする多彩な決済方法について解説します。

ネットショップは誰でも簡単に立ち上げられる

ウェブサイトは、情報を発信するためだけではなく様々な目的で利用されます。そのひとつに「買い物」があります。今やインターネットでの通信販売は、私たちの生活に欠かせないものになりました。それは事業者の立場から見ると、世界中に向けて自社の製品やサービスを販売できるようになったということです。

はじめてWEBを利用して作成したJimdoサイトでも、ショップ機能を使えば簡単にネットショップを立ち上げることができます。しかし、「ネットショップを作ったはいいけどなかなか売上が上がらない」という声もよく耳にします。これまでに関わったウェブサイトでも、製品そのものはとても魅力があるにも関わらず、うまく売上に繋がっていないケースを数多く見てきました。それは、もしかすると決済方法が原因かもしれません。

決済方法は利用者によって利便性や好みが異なる

皆さまは、自社のネットショップでの決済方法をどのように設定されているでしょうか。商品の説明や価格については頭を捻っても、決済方法については「クレジットカードは手数料が高いし、とりあえず銀行振込でいいかな」というように安易に考えがちな方が多いのが実情です。もしくは、クレジットカード決済さえ入れておけば万全と考える方もいるかもしれません。

しかし、重要なのは「顧客の目線に立って考える」ということです。これはウェブサイト制作全般に言えることですが、顧客=利用者にとって使いやすいウェブサイトでなければ良いサイトとは言えません。決済であれば、クレジットカードを持っていない・使いたくない人や、海外からの利用でクレジットカードしか使えない人など、利用者によって色々なケースが考えられるため、より幅広い層をカバーするには、できるだけ多くの選択肢を用意するほうが良いでしょう。

幅広いニーズをカバーするJimdoの決済方法

このように、多様化する決済方法へのニーズに対して、Jimdoでは下記のような決済方法が用意されています。

  • Stripe
  • PayPal
  • 請求書発行
  • 銀行振込み
  • 代金引換
  • メールによる確認連絡

(※JimdoFreeはPayPalのみ)

銀行振込や代金引換などのスタンダードな方法はもちろん、請求書の発行や直接のメール送信も可能なため、「ビジネス使用のため、請求書を発行してくれないと決済できない」といったイレギュラーケースにも対応しやすい仕組みが用意されています。

もちろんクレジットカードでの決済も可能です。クレジットカード決済は、「Stripe」か「PayPal」という決済サービスを利用します。ここからはこの2つのサービスの特徴や違いについて詳しく解説します。

導入・決済ともにスムーズに完了するStripeがオススメ

Stripeは、アメリカ・サンフランシスコに本社を置く決済サービス会社で、AmazonやGoogle、Microsoftなどの大手グローバル企業もそのサービスを導入しています。

その魅力はなんといっても手軽さです。Jimdoに組み込む際にはStripeアカウントを作成して紐付けるだけ、という非常に少ないステップで導入できます。また、初期費用や月額費等は一切なく、決済手数料は決済成立ごとに3.6%(2018年12月現在)のみと、大変わかりやすい利用体系も人気です。

また購入者も煩雑な情報入力やアカウント登録が不要で、クレジットカードの情報だけで決済が完了します。この「スムーズに決済できる」という点がネットショップにおいては非常に重要です。皆さまもインターネットで買い物をする際に、入力が面倒になって購入を躊躇してしまうことはないでしょうか。そういったストレスを減らすだけで、売上が変わることも少なくありません。

世界最大規模の決済サービスPayPalなら安心

PayPalは世界で2億5000万人以上が利用する世界最大規模の決済サービスです。PayPalが売り手と買い手の間に入って決済を行うことによる強固なセキュリティに定評があり、万一のときにも手厚い保護制度を設けているため安心して取引をすることができます。

Jimdoで利用するにはPayPalのビジネスアカウントへの登録が必要です。あらかじめPayPalのウェブサイトへアクセスして、ビジネスアカウントの登録を行ってください。その際に、銀行口座の登録や本人確認等が必要になるため、手元に用意して手続きを進めます。

Stripeと同じく初期費用や月額費は不要ですが、決済手数料は売上金額に応じて2.9% + 40円 /件 ~3.6% + 40円 /件 (2018年12月現在)と幅があります。ご利用の前に、ご自身の販売商品や事業規模と照らし合わせて手数料を確認しておくと良いでしょう。

それぞれの違いは?2つの決済サービスを比較

この2つの決済サービスの違いについて、分かりやすく表にまとめてみました。手軽さや導入のしやすさ、決済の簡単さという意味では、Stripeのほうがやや有利です。決済がJimdoの画面上で完結するのも購入者にとっては利便性が高いでしょう。一方でPayPalは、決済サービスとしては比較的長い歴史を持ち、知名度も高いことから安心感があります。

それぞれの特徴を比較して、製品やサービスに合った決済方法を導入しましょう。

  Stripe PayPal
初期費用・月額費用 無料 無料
手数料 / 件 3.6% 2.9% + 40円 ~ 3.6% + 40円
利用可能なクレジットカード VISA・Mastercard・JCB・American Express・DISCOVER・Diners Club VISA・Mastercard・JCB・American Express・DISCOVER・UnionPay(銀聯)
導入方法 Jimdoの管理画面から登録 事前にPayPalアカウントの取得が必要
決済画面 Jimdoの画面内で完結 PayPalのウェブサイトへ移動

決済方法はユーザーの体験において重要な要素

このように、一口に「決済」といっても様々な方法があります。クレジットカード決済ひとつにもいろいろな方法があるように、今後ますます新しいサービスが登場することが考えられます。

繰り返しになりますが、大切なのは「顧客の目線」です。自分が消費者として、自分のウェブサイトで何かを購入する時、どんな支払い方法を選ぶのかをよく考えてみてください。そして、Jimdoの「テスト注文」機能を利用して、実際に自分で注文から決済までを体験し、使いにくいところがないか確認してみると良いでしょう。そして、違和感を感じる部分は改善し、ひとりでも多くの方に商品やサービスを届けましょう。それがあなたのネットションップの売り上げを改善するカギになるかもしれません。

次回は、スマートフォンでの表示を最適化する方法を解説します。お楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムをPDF形式でダウンロードする

服部 雄樹(はっとり・ゆうき)

服部 雄樹(はっとり・ゆうき)

株式会社服部制作室 代表取締役/Jimdo Expert
https://www.hattori-studio.jp/
https://www.template-labo.com/

愛知県名古屋市出身。2014年までインドネシア・バリ島で活動し、世界各国のクリエイターと交流。多くの海外案件に携わる。帰国後、服部制作室を設立。Webサイトの制作だけでなく、各種WebサービスのテンプレートデザインやUI設計、セミナー登壇、コラムへの寄稿など精力的に活動中。"かっこいいを簡単に"をモットーに、海外のWebデザインを日本向けにローカライズした新しいデザインを提案している。

著書に『いちばんやさしいHTML5&CSS3の教本 人気講師が教える本格Webサイトの書き方』など。

HTML&CSSとWebデザインが 1冊できちんと身につく本

  • 問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール
  • 文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ!まとめてオフィス
  • 「はじめてWEB」でホームページをはじめよう!
  • Jimdoリメイク | プロがあなたのホームページを50,000円(税抜)でリニューアル!

ホームページを作るのがはじめてのかたはまずこちらをご覧ください

コラム週間アクセスランキング[期間:2019/7/14~2019/7/20]

おすすめコンテンツ

はじめてWEBおすすめ本

創業・経営のお役立ち情報

  • ソウギョウノート

    飲食・小売・サービス業の開業スケジュールから、融資申込に必要な書類までをカンタン作成

  • 経理通信

    経営者と経理ご担当者必見!中小企業・小規模事業者のための経理サポートサイト

  • まとめてオフィス

    文具、通信、オフィスのことなら何でもお任せ

  • フリーコールS

    問い合わせ件数をアップさせるなら!「通話料無料・わかりやすい番号」のフリーコール

  • auオフィスナンバー

    事務所開設するなら固定電話番号で信頼アップ